テニプリ 越前vs伊武

地区大会決勝 vs不動峰戦で
越前はシングルス2として出場する

越前は望まぬ形で、初戦ではダブルスをやっているので
これが初の公式戦シングルスとなる

スポンサーリンク

■テニプリ 越前vs伊武

越前は唯一の1年生であるためか、他校の生徒から
なめられており、シングルス1はあの手塚さんだからな

経験をつませるために、1年生をだしたんじゃねぇの?
みたいなノリで越前をなめていた

※手塚がいるから安心だ みたいな表現をしてしまった場合
橘さんはまったく問題ない相手です

そう言ってるようにも聞こえてしまう。

~越前 ツイストサーブでせめる~

越前はいきなりツイストサーブを披露
顔面に向かって跳ね上がるサーブは地区大会レベルではすごいらしく
周りのテニスプレイヤーどころか

審判もあっけにとられていた

ねぇ 審判の人 コールまだ?

逆回転するサーブごときでさわいでいるとは
初期のテニプリとは何だったのか?そういわざるを得ない

しかも越前はやたら大石にかわれており
フレンドリーな対応をされている

先輩にたいしてあまりいいイメージがない伊武は
越前にむかついて こちらもツイストサーブとほぼ同等な威力となっている
キックサーブを披露した

●キックサーブをくりだす 伊武君

ホントに地区予選か?これ めったにみれないミラクルサーブを2人も打った
周りは騒いでいたのだが

地区予選だからこそツイストサーブレベルの試合
していたことが、物語後半露呈してしまう

~橘さんの 謎の眼力が発動する~

橘さんは実力はともかくとしてカマセの烙印を押されているが
プレイヤーを判断する眼もいまいちだった


「しんじ いつまでひっぱる気だ 相手を喜ばせておいて
一気に逆転したい お前の性格はわかるが

そろそろエンジンをかけないと足元をすくわれるぞ」

・・・・?まさか本当にあのしんじが押されているのか?

●橘さんの眼力って一体・・・

これでは橘さんのいい所が全然だせていない

橘だ オレより強いやつは前へ出ろ

そういきまいていた格好いい彼は一体どこへいってしまったのか

~越前の謎の負傷~

伊武君はスポットという技をもっていて
トップスピンとスライスを交互に打つことで、相手の筋肉を縮み上がらせ
スポットというマヒ状態にする事ができる

この技をくらい、越前は手が麻痺して
手からラケットがすっぽぬけてしまった

●越前からラケットがすっぽぬける

上記のコマをみてもらいたいのだが
明らかに越前とラケットは距離がある

この後、ラケットが、ネットのポールにあたってしまい
破損したラケットが越前めがけて飛んできてしまい
越前は眼を負傷することになるのだが

たかだかネットのポールにあたっただけで
越前の顔付近までラケットが跳ね返ってくることが
あるのだろうか?

いきおいよく越前がラケットをポールにあてても難しいのに
この時は手を麻痺している状態である

どう考えてもラケットに勢いはないだろう

このまま波乱なく越前が勝利してしまった場合
物語がもりあがらないので、無理やりにでも越前を
怪我させたようにしか見えない

この後越前は10分間という時間制限の中
伊武君を攻略して勝利を掴んだ

テニプリ後半では、もっと負傷していた人が
普通に試合続行しているので

地区大会のルールは甘いといわざるをえない

跡部様なんてまったく身動きができない状態なのに
試合を続行し、高校生日本代表NO9とNO10のダブルスを撃破した実績がある

青学メンバーも越前をとめるまえに、命の危険さえある
河村をとめるべきだったのだ