テニプリ 越前の記憶喪失編を振り返る

なぜか軽井沢にいた越前を
迎えにいった跡部、忍足、桃城の3人
越前は記憶喪失になっていた

スポンサーリンク

■テニプリ 越前の記憶喪失編を振り返る

脈絡もなく記憶喪失になっていた越前
テニス会場につくなり

「あの 人がいっぱい居るけど 何かやってるんですか?」と
いきなり丁寧語になっていた

記憶喪失になているのに
今まで見せたことのない笑顔をみせる越前

記憶喪失であるという重大な事件が起こっているにもかかわらず
海堂は

コラァ ふざけてんじゃねーぞ!!と言って
胸ぐらをつかんできました

大石は気をつかっている風なのに、海堂は身勝手
本当にこの男を青学の部長にしてしまっていいのでしょうか?

それにしても越前は記憶喪失になって
なんで急に丁寧語で話すようになったのでしょうか?

もしかしたら、今までのちょっとにくたらしい物言いは
自分を大きく見せるための手段であり

本来はさわやかボーイだったりするのでしょうか?
そう考えるとちょっとかわいいのですが

今までの言動が言動ですから

いえ・・・皆さんあんなに小さい球をお上手ですね

と言い出すだけでめちゃくちゃ煽ってるようにも聞こえます

●越前 今までにない煽り

現在ダブルス1の試合が開始されるところ
次のシングルス1で越前の出番がまわってきてしまう

そこで桃城は記憶喪失のリョーマをコートにたたせ
いきなり試合をします

※テニスの記憶を完全に失っている越前に対し弾丸サーブ

~ここで回想シーン~

越前はオヤジに呼ばわれて、軽井沢近辺の山の中にいた
ここでテニスをやると思われたのだが

越前に渡されたのは木の棒
そしてボール代わりになるのは そこいらに転がっている小石である

ほれ リョーマ ラケットだ

●越前 木の棒を渡される

そりゃあいきなりこんな状況になったら

な・・・何言ってんの?って表情になります

しかも、状況を説明せず いきなり

おいリョーマ・・・テニス楽しいか? と言い出すし
ここにきてこのオヤジが何をしたいのかまったくわかりません

そもそもテニスをしたいなら、最初からテニスラケット2つとボールを
持参してきて欲しい

大自然の中で最後のトレーニングする
っていう流れなのに、木の棒って

自然に帰りすぎなのではないでしょうか?

自然に帰ったリョマ君ですが
ラケットとテニスボール 道具2つがかわっただけで

いつまでたっても、少し離れたところにいるオヤジに
ボールをあてることができませんでした

確か越前君は昔、ジャッカル桑原に似ている先輩が

バスケできるぜアピールしてきた時に
ちらかしていったので
フリースロー対決をしました

その際にはホウキを使って、がんがんフリースローを決めるぐらいの
テクニックをみせたんですよね

ボールが小石にかわったとはいえ、このくらいのことはすぐ
できそうなんですが、なぜ越前はこの程度のことができなかったのでしょうか?

そして、オヤジはねころがっていますが
もし小石が勢いよく飛んできてぶつかったら
痛いで済まされませんよ?

●当たったら危ない位置にいる

この後はクマとテニスしたり
クマを食べたり、滝から丸太が落ちてきたので

ボールで迎撃したりしてたんですが
越前は川に流されて記憶喪失になってしまいました。

記憶喪失になったリョーマでしたが、今までのライバルと戦うことで
少しずつ記憶がもどってきて、最終的にはいつもの越前に復帰

桜乃ちゃんが彼女ヅラして話しかけてきたんですがスルー

桜乃ちゃんは一生懸命

「き 記憶喪失だって聞いて・・・・私も///そのリョーマ君にテニスを教えてもらって
すっごくテニスが好きになって・・・」と語りかけてきたのに

はぁ?何言ってんの竜崎 って言われちゃうし・・・
不憫やわこの娘、朋ちゃんも不憫でしたが、この時点の桜乃ちゃんも負けていない

金太郎を倒すことで、神の子幸村の強さをアピール
ついに決勝戦、越前vs幸村の試合が開始される