テニプリ 千歳さんの無我の境地に関する説明

初登場時点、無我の境地に最も詳しかった男 千歳
彼の無我の説明を確認していきます。

スポンサーリンク

■テニプリ 千歳さんの無我の境地に関する説明

千歳

「無我の境地と猛獣のオーラ 己の奥底に潜む能力を最大限に
瞬発的に引き出す面では似ている

だが、無我の境地の奥には3つの扉がある」と

誰も聞いていないのに無我の説明を始めました

※橘は猛獣のオーラという単語を出していないのに
オレしってるばい、猛獣ばい みたいに言い出しました

無我の境地は知ってのとおり、頭で考えて動くのではなく
体が実際体験した記憶で無意識に反応するもの

そのためにものすごい体力を消耗する

オレは無我に出会ってからそれは長年探求しつづけた
科学的に分析するために、大学病院で脳波の測定までした

そのおかげで3つの扉に行き着いた という説明がされた

千歳
オレには奥底に潜む能力がある、先生(医者)オレの脳波を測定してくれ
 そうすれば、オレにはその秘密がわかるんばい

とわざわざ大学病院にいって、医者と話したという事なんですよね?

医者
何だこの中学生は・・・中学生ってそういうところあるけど
 厨二病がすぎる、いかんなたしかに彼の脳波を測定する必要がある
みたいに思われたのでしょうか?

そう考えると千歳さんがかわいそうになります。

※テニスで怪我をするたびに、越前達は医者の世話になったと思うのですが
医者はきっと、本当にこの子たちテニスしてるのか?
というよりテニスの話なのか?

そう思ったことでしょう

●わざわざ大学病院にまでいってくる千歳さん(中学生)

○3つの扉のうちの一つ 百錬自得

無我の爆発的にあふれるパワーを左腕一本に集め
威力・開店を倍返しで返球し、無我の副作用も最小限に抑える
コストパフォーマンスの高い技

※長年研究してきたのに、自分は百錬を使えないことにも注目です

●3つの扉のうちの一つ 才気煥発

菊丸曰く、思ったよりフツーの技

そしてチームメイトの金太郎と白石は何が起きたのか理解できていませんでした

千歳何したん? さぁ?

※あなたたちチームメイトの技を理解してないの?銀師範だって
自分のテニス道を探求している銀師範だって金太郎の
グレートデリシャス大車輪山嵐の特性を覚えていたんですよ?

いくら千歳が転校したてとはいえ、もう少し彼のことを知ってもらいたい

才気煥発は無我のオーラを頭に集中させることで
すばやく適切な判断ができるようになる

どのような打球をどう打てば、どこに返ってくるかを一瞬でシミュレーとできるから
何打目できまるのかが見えているということ

みたいに不二君が説明してくれました

●不二君による才気の説明

つまり・・・それはデータテニスと似たような技ということになります
再三お伝えしたとおり、データテニスはかませの技筆頭

関東でも全国でもほとんど役に立たなかった技なのです
才気はそのその強化版です。

事実才気封じの技はたくさんあり
全国トップクラスのプレイヤーは才気を破っています

どう考えても一番のはずれ技でした

※相手のほうが実力が高ければ、頭では測れないみたいに言い出して
ポイントをとられるのが目にうかびます。

どう考えても千歳さんは開く扉を間違えてしまったようです

※本人は扉はどれか1つしか開くことができない
ゆえに百錬は開けないと思い込んでいました

越前は3つ、手塚も3つ開けます
大学病院で研究したとは何だったのか?そういいたくなるくらいの失態です

○初期の天衣無縫の説明

天衣無縫は開かずの扉と呼ばれていて、他の2つとは次元が違う
人間が入ることを許される領域ではない

みたいに千歳さんは説明したのですが

新テニスの王子様において
金太郎、鬼、手塚、越前 日本勢で4人も天衣を開いています

人間が入ることを許されない
手塚→人間じゃない 金太郎→人間じゃない 鬼→鬼 越前→人間じゃない
みたいな扱いになってしまった

いくらなんでも千歳さん大げさすぎ

全体的に千歳さんは無我の研究をしてたのに
あまり無我のこと理解できてなかったんだな

みたいな流れになってしまいました