テニプリ、都大会までの菊丸 vs聖ルドルフ

青春学園のガヤ芸人の一人
菊丸、英二さん

彼の都大会の活躍を振り返っていく

スポンサーリンク

■テニプリ、都大会までの菊丸 vs聖ルドルフ

序盤は青学レギュラーの中では空気の扱いだった菊丸
唐突に大石とのペアを組み、全国までいったゴールデンペアだ!!
という説明がされた

桃城と越前のダブルスとは違うんだよ というオーラは出していたが
緒戦の玉林中学との試合はカット

地区大会決勝では、不動峰の余りダブルスと対戦した

ダイビングボレー、猫のような動きとやゆされる
独特な技を披露し快勝した

※これが石田、イブのダブルス相手だったら2ゲーム取られるのも仕方ないが
対戦相手は桜井と前衛キラーのコンビである

そんな相手から2ゲーム取られたのだから

青学ゴールデンペアって思いのほか大した事ないのでは?
そういう疑惑も浮かんできた

~都大会 vs 聖ルドルフ 赤澤~

ルドルフは青春学園の事を調べつくしていて
対戦相手の苦手なコース、弱点を把握している

菊丸は動体視力が越前よりも高い
本来であれば、これは弱点ではないのだが

赤澤はスイートスポットを外し、ブレ球という特殊な弾道の
ショットを放つ事ができる

ブレ球は能力値が低いプレイヤーからすれば
通常のボールにすぎないが、菊丸からみた場合
ボールが7個にも8個にも見えてしまう

※越前の場合5個、6個に見えている

見えすぎている菊丸は全てのボールを目で追ってしまうので
非常に疲れてしまう

体力、集中力も奪われてしまうのだ

●見えすぎている菊丸

体力も集中力も奪われているが攻めにはアクロバティックを
多用する菊丸

アクロバティックといえば、ジャンプ芸人の向日君が
無意味な立てのジャンプを披露して体力を消耗しているが

菊丸の場合、横のボールは横っ飛びで返し
立てのボールは上空に飛び普通に返している

すくなくとも無意味な動きではなく戦術上必要な動作を行っている

しかし、動き回るためか、疲弊して
体力を消費

6-6のタイブレークまでもつれこむが
菊丸はすでに限界という状況だ

※そもそもオーストラリアンフォーメーションは

菊丸がうまくうごいて、相手のボールを誘導して
大石が決めるといったフォーメーション
ゆえに菊丸のほうが負担が大きい

集中力と体力が奪われている菊丸にさらに負担をかける
陣形だ

大石
「よーっし乗ってきたぞ、エイジ オーストラリアンいくぜ」
みたいなノリだが

菊丸
「いや・・・ブレ球でオレ疲れてるのに
おれの体力をさらに消費させるの?戦術上まずくない?」
と思っていたに違いない

菊丸が疲弊したときは、大石が一人で頑張ってる風を装っていたが
ここまで菊丸が頑張ってきたのだから
当然といえる

2ゲームをすて菊丸は回復

タイブレーク中に2連続でポイントを決める

●充電完了の菊丸さん

ブレ球で体力を削ってやるぜ
みたいなノリで赤澤さんはブレ球を放つのだが
菊丸は目をつぶることで、体力消費を最小限に抑える

菊丸ビームという新技も披露して絶好調という状態だ

●菊丸ビーム

タイブレーク中に3連続ポイントを取り
もうこれ決まっただろ状態になるが

充電はきれてしまい、最終的に聖ルドルフペアの勝利となる