キャプテン翼、若林 ケガの始まり

静岡県大会準決勝、森崎に出番を譲った若林だったが
決勝戦はケガをおしてまで自分が出場した

スポンサーリンク

■キャプテン翼、若林君 ケガの始まり

若林は静岡県大会ベスト4という重要試合を森崎にまかせ勝利
自分はゆうゆうと決勝戦に出場した

石崎
「おい 若林 足はもうだいじょうぶなのか?」

若林
「あたりまえよ そういつまでもベンチにはいってられるか!」

※森崎にゴールまかせてみたら、あんな雑魚チームから2点も奪われたからな
あんなやつにゴールはまかせられん、足はちょっと不安だが
俺が試合に出るしかねぇだろ

みたいに思っていた可能性はある

監督
「よし みんな 今日はベストメンバーでいくぞ!!」という発言で
森崎に追い討ちをかけます

森崎
「なんだ・・・俺が南葛のお荷物みたいな流れは・・・」

決勝戦の相手はここまで南葛と同様の好成績で勝ち上がってきた
志水 最初のシュートを放つのですが
若林はあっさりキャッチ

この時点で、まだ足は大丈夫です

●よし 足は大丈夫だ

試合は0対0の同点のまま後半戦に突入

たのむぞ みんな 1点だ!この試合1点とってもらえば勝てるんだ!!
若林恒例の1点でいいんだお願いが発動

※今までキャプテンが部員にお願いするのは前回の南葛戦が初
そう言われていたのに、若林のお願いはずいぶん安くなってきた

後半戦、せめあぐれる志水は翼に3人マークだけではあきたらず
若林をせめたてる作戦に移行します

高くゴール前にボールをあげ、志水FWとMF5,6人がかりで
若林に激突、若林に物理的ダメージを与えてきます

●よし みんなで突撃だ

志水のキーパーチャージ程度で、カードがでませんでした
明和にはスライディング部隊という奴らがいて
危険なタックルをしかけてきた連中がいるのですが

志水もまけていません。キーパーチャージ部隊は
作中では目立っていませんでしたが、かなり悪質です

若林
「くそっ おまえらわざとぶつかりやがったな」

外野
「大丈夫か 若林」

若林
「あたりまえよ! こんな当たりに負けるおれさまじゃないぜ」

といきまいていたのですが、すでに足を負傷していました

若林君・・・また足を怪我したの?みたいな感じで
翼君は驚いています

そりゃあそうでしょう。さっきまでぜんぜん大丈夫
こんな程度のチャージじゃおれにはきかないぜ
そういう態度を取っていたのに、めっちゃ痛そうですからね

若林のおれだいじょうぶ発言はまったくあてになりません

●もう足を痛める 若林

そして、何よりすごいのはキーパーをかえようとしないということでしょう

実況の人は
若林君足のケガもかえりみずジャンプ・・・すごい根性だ
そうほめたたえていたのですが

森崎をつかってくれ!!

何のための控えキーパーなんだよ

これじゃあ万全状態の森崎より、足が痛くてゴールキックできない若林のほうが
まだまし そう言ってるのと同じことです

若林は気合をいれているのですが、しらないうちに
森崎にすごい精神ダメージを与えてくるからやっかいです

森崎はこのとき
「1点だ 1点でいいんだ志水 1点とってくれさえすりゃあ
俺が若林と交代できるんだ」という風に思っていたことだろう

そして試合ですが翼が3点決め、普通に南葛が勝利してしまいました。
若林はケガしていたのに、この結果です

若林は結局全国大会までにケガを直せず
一番大事な試合 南葛vs明和の予選リーグ戦に
出場することができませんでした

~続く~