キャプテン翼 全国少年サッカー大会編の若林君

若林はケガのため、現在は自宅で療養中
因縁の明和vs南葛の試合をテレビで見ていました

スポンサーリンク

■キャプテン翼 全国少年サッカー大会編の若林君

※やっているのは全国大会ではすが、現在予選リーグです
普通はテレビ放映はされないと思っていいでしょう。

若林は自分のところのメンバーの内
翼、岬、森崎を気にかけていて

期待していた

●若林
「よーし 後半もこの調子でたのむぞ! 翼!岬!森崎!」

※そんなに森崎に期待しているならケガしたときに交代してほしい
そもそも翼が2点いれて2-0になったときに交代すれば
足のケガだってそんなに悪化しなかったのでは?

森崎に期待をかける若林は
試合終了後にわざわざ電話をかけてきた

どうだ みんな気落ちしてないか
負けはしたが森崎、今日の試合よかったぞ 明和相手によくがんばったよおまえ
おれがいくまでこれからも南葛ゴールをたのんだぞ

そう激励してきた

初期の若林君は

「この試合は俺が翼から1点とられるか取られないかの勝負
その勝負に負けたら後はどうでもいい、お前達

後は勝手に試合をしろ」そういってくるような男だったのだが

ずいぶん丸くなったように思う

だが、おれがいくまで と言っているから
おれの足が治ったら、お前はまた補欠だぜ森崎

そう言っているようなものだ

森崎はやたらうれしそうにしていたのだが、若林のケガが直らないほうが
試合に出れるから、森崎にしてみればラッキーなのではないだろうか?

予選リーグ最終戦付近
足の痛みはだいぶひいてきている 若林

この分なら1試合ぐらいならできる らしい

●1試合ならでれる 当然俺が決勝でる発言

予選リーグは南葛が花輪を倒して グループ2位
南葛の決勝トーナメント出場がきまった

若林はさっそく電話をしてきた

「みんなありがとう 約束どおり 決勝トーナメントに進出してくれて
おれからも礼をいうぜ!」

「ところでおれの足の怪我、ずいぶんよくなったがどうやら1試合が限界だ
おれの出たい試合というのは・・・」

「決勝戦だね!!」

若林

「そのとおりだ 相手は明和になるとおもう おれは小次郎にかりをかえすぜ」

そういう話をして、チーム内は盛り上がっているのですが
森崎が不憫でならない

言うまでもないですが、決勝戦は今までの集大成
当然テレビ放映時間も一番長いと思われる 最高のアピールの場

ここで活躍すれば東邦学園はもちろん、他の有力中学校が
特待生としてむかえてくれる可能性が高まります

そんな重要な試合なのに、今までゴールを守ってきた森崎が
出場できないなんて

森崎からすればたまったもんじゃない

~若林 準決勝戦で出張ってくる~

全国少年サッカー大会決勝トーナメントベスト4
南葛は強敵、武蔵FCと試合が決まる

ガラスのハート三杉君は活躍しまくって

南葛の実力などしょせんこの程度だったんだよ
みたいなノリで煽ってきます

翼君のガラスのハートもダメージを受けたのですが
いきなり若林君がやってきました

●若林

「おれは明日の決勝のためにここまできたんだぞ
翼、おまえはもう終わりなのか!!」

※みんな信じてるぜ おれを決勝戦につれていってくれ
そういう流れだったのに、我慢できずにやってきてしまいました

森崎にゴールをまかせてたら、不安でしょうがないぜ

~続く~