キャプテン翼 森崎の全国大会の活躍を振り返る 001

森崎は島田小相手に2点を許してしまった
全国大会は若林が欠場のため、森崎にゴールをまかせるしかない

スポンサーリンク

■キャプテン翼 森崎の全国大会の活躍を振り返る 001

若林のでなかった準決勝は無名相手に苦戦
逆に若林が出場した決勝、名門志水戦は楽勝に近い試合だった

若林は守りの軸であるとともにチーム全体をまとめあげるキャプテンだ
森崎ではこのかわりはとてもつとまらない

オレ達は全国大会で本当に勝ち抜けるのか?
という話になってきた

※森崎が上記の話を聞いてしまった場合、それこそ
森崎の士気にかかわる話になってしまう。

練習試合では翼のシュートをあっさり許してしまう森崎

石崎からも

バッキャロー あんなのもとれないのかよ
若林のぬけたあとはお前しかいないんだぞ」となめられてしまいました。

●あんなシュートとはおっしゃいますが放ったのは翼さんですよ?

~全国大会vs明和FC~

予選リーグで南葛は1回戦から優勝候補の明和と対戦

明和のエースストライカー日向はいきなりのロングシュートを放つ
このシュート、周りのディフェンダーが消えたように見えるほどの
すごいシュートだった

森崎はふっとばされて、得点をゆるしてしまう

これがペナルティエリア内ならば、しょうがないきりかえていけ
ですまされるのだが

日向はペナルティエリア外からいきなり1点を取ってしまう
これで森崎は

2試合連続ペナルティエリア外から得点を取られる記録を
継続させてしまう

シュートにはじかれてしまった森崎には恐怖がめばえ
日向のシュートを怖がってしまう

●こ・・・こわい

森崎がなさけない みたいなイメージになってしまったが
ディフェンダーもたいがいだった

日向一人に対して、ウラベ、高杉、岸田の3人が向かったのに
誰一人ボールにふれることすらできなかった

かれらががんばってくれていればシュートコースが限定され
森崎もなんとかパンチングすることはできたかもしれないのに・・・

アニメではしょうがないどんまい森崎
まだこれからだぜ

みたいなシーンが追加されたが、森崎が雑魚みたいな扱いにされてしまったので
まじでやってられない

そして沢田もペナルティエリア外から無謀ともいえる
ロングシュートを放つ

南葛ディフェンダーはこんなの余裕だぜという表情をみせ
森崎を援護しない

なにぃ!の一言で森崎は点を取られてしまう

●なにぃじゃないよ 森崎を援護してくれ

翼さんは相手のシュートをわざと顔面に受け、こんなのぜんぜん平気だよ
ボールは友達、怖くないよ ということを森崎に教えた

森崎はこれに答え

おれ もう怖がらないよ とにかくやってみるよ と自分を鼓舞した

日向のシュートは南葛のディフェンダーが目視できないほどの
スピードを持ったシュートだったのだが、これを受けた翼は
大丈夫だったのだろうか?

ともかく、ボールへの恐怖心がなくなった森崎は
沢田のシュートもがっちりキャッチ

現在は2-2、もうおれはゴールは許さないぜ
みたいな雰囲気をだしていますが

最終結果は7-6の1点差で明和の勝利に終わりました
森崎結構がんばってるじゃん

そういうイメージの試合だったのですが
あれから5点も取られています

森崎

え?気づかない内にこんな点とられたの?
これじゃあオレの責任で試合にまけたようなものじゃん
7失点のキーパーなんて誰もじょうごできねぇ」

というノリだ

若林は森崎よくやったぞ、そう言ってくれたのだが
森崎がうけた精神的被害は尋常ではなかっただろう