メジャーセカンド ネタバレ 感想 第26話 みんな大吾に厳しいけど、他のメンバーも大概だった

sponsored link

●そもそも大吾がアウトになった時点で

前回のあらすじ
結果はほとんど変わらないのに
大吾をせめる卜部

一方、アンディは大吾以下の結果だった

■メジャーセカンド 弟26話

そして、場面は進み
大吾の弟2打席目が回ってきました。

第1打席では、まぐれのバントを決め
1点に大きく貢献した大吾ですが

2打席目は普通に空振りして3振しました。
アンディ他のメンバーが
あ~~と落胆していますから

●落胆したメンバー
●落胆したメンバー

多分チャンスを潰してしまったのでしょう
これには卜部君もがっかりしたのか

ちっ。とまた嫌味をいってしまいました。

だが、今回の大吾は睦子ちゃんに励まされたから
強メンタルです。

大吾
「すまん!次は必ずつなぐから
気持ちを切らさず、いいピッチングを頼む!」

とさわやかじゃない表情で
さわやかなセリフをいいました。

チャンスとは言えしかたない
こういうこともある気持ちを切り替えていこう

と僕は思ったのですが
現在3回表が終了で1-0三船リードでした。

あれ?このスコアボードをみた感じ
別にチャンスというチャンスじゃなかったんじゃないですか?

●そもそも大吾がアウトになった時点で
まだ3回の表だった
●そもそも大吾がアウトになった時点で

1回表
1番 木村 2塁打
2番 茂野 まぐれのバントを決めノーアウト1塁、3塁
※さらにまぐれの頭脳プレーで木村をホームに還す

3番 卜部 センターゴロ
4番 アンディ ゲッツー

2回表
5番、6番、7番がアウト

3回表
8番、9番、1番の内1人がヒット
ツーアウトで大吾に回ってきた
ってことですよね?

大吾に回ってくる前に5人ともアウトやないですか!!
仮に、木村君辺りが3塁打を打って

2点目のチャンスだったとしても
大吾一人に責任を押し付けるような表情やセリフは
やめていただきたいですね!!

スポンサーリンク

●あ~とかいってるけど、大吾一人が悪いわけじゃない!!
●落胆したメンバー

むしろ

監督ー、俺なんで2番じゃなくて8番なんすか?
とかアピールしておきながら、ほとんど活躍できなかったであろう

8番のミニ卜部君とかはどうだったのよ?
ドルフィンズ、もっとチームワークを大切にして欲しいですね。

そういえば、卜部君、そこまでチャンスというチャンス
じゃなかったのに

何で大吾君に”ちっ”とか言い出したのでしょうか?
これはやっぱり、睦子ちゃんにいいとこ見せたかったのに
打順が回ってこなかったから、機嫌が悪かった

そう思って間違いないと思います(違う)

あかん、睦子ちゃんがかわいすぎるから
チームワークに支障をきたしてしまった・・・

そんなチームワークが悪いドルフィンズですが
回を進むごとにミスが増えてきました。

卜部はなかなかのピッチングをみせているのですが
味方のエラーがひどくて、1アウト満塁のピンチを迎えます。

そして、ここでアンディと卜部の回想が入りました。

要約すると

アンディと卜部は前に東斗ボーイズという
強豪少年野球チームに所属していた。

だが、東斗ボーイズでエースピッチャーになれない卜部は
東斗ボーイズを倒したい!!という言い訳をして、東斗を去り
三船に入団

卜部と仲の良かったアンディも
一緒に三船に入団した

という事でした。

ちなみに、アンディは卜部の事をとべっち
と呼んでいるようです。

●東斗ボーイズじゃエースになれないから
チームを辞めるといいながら
●東斗ボーイズじゃエースになれないから

東斗ボーイズを倒したいとか言い出した
とべっち君

そんな仲のいいアンディから
おまえも成長していない、仲間のせいにしたってしかたないぜ

と言われた卜部

なんとか奮闘しますが
無情にも打球はライトに来ました
現在、1アウト満塁

1点も許さないかどうかは、大吾の活躍にかかっています。

~続く~

スポンサーリンク