キャプテン翼 若林 ハンブルグでの戦い

天才ゴールキーパー若林は
ヨーロッパ遠征第1戦で

全日本ジュニアユースと対戦することになる

スポンサーリンク

■キャプテン翼 若林 ハンブルグでの戦い

日向

「おれには 打倒大空翼という目標とともに
もうひとつの目標がある

それは若林 おまえから ゴールを
 ペナルティエリア外からのゴールを奪うことだ

若林

「日向 気合はいってるな
お前はペナルティーエリア外からゴールを奪う宣言をした
 よく覚えておくぜ

だが、はっきりいって 翼のいない全日本
おまえたちに100パーセント勝ち目はないぜ!!」

●お前達に勝ち目はない宣言の若林さん

これにぶちきれた日向は若林の手をはらっていった

そして試合開始

日向はペナルティエリア外からいきなりタイガーショットを放つ
このボールはゴールポストに直撃

貴重なボールが破裂することになる

見上監督

「若林が反応できなかった?まじで?
おれが精魂こめて育ててきた若林が!!!?

森崎でも止めることができた
 タイガーショットに反応できなかっただと・・・悪夢ならさめてくれ・・・

いや、違うな 森崎と若林は違う
ちゃんとポストにあたることを予測していたんだよな」

森崎
「かんとくさんよぉ、実はおれも1本目の日向のタイガーショットは
ポストにあたるとおもってたんですよ まじで」

2本目は森崎では一歩も動けなかった
新田のハヤブサシュート

ノーマークで打たせたら、誰も防げなかった
新田の技がまるで通用しない

全日本3本目のシュートは早田の
カミソリシュート

若林はこれを難なくキャッチ

●なめすぎだぜ どこの誰かわからねぇあんちゃんよぉ
ただ曲がるだけのボールで、オレからゴール奪えるわけねぇだろ

4本目は松山の北国シュート

松山
はぁ?おれのシュートはイーグルショットじゃなかったのかよ
 最初は北国シュートとかよばれてたのかよ・・・だせぇ

このボールも若林はがっちりきゃっち
ここまで4本の必殺シュートを止めます

さすが、ハンブルグの正GK 若林源三

5本目も必殺シュート スカイラブハリケーン
空中からたたきつけるような強烈なヘディングだが

これも難なくキャッチしている

●あーー これもとったぁ 森崎とは格が違いすぎる

まったくすきのない鉄壁の守り これがSGGKだ

点をとられまくりあせる日向は
ボールが腹にあたっただけできれまくっていた

日向
「シュナイダー おまえ わざとオレの腹を狙いやがったな」

森崎
あぁーん?おまえ昔 おれの顔面めがけてシュート撃って来たよな
 それなのに、たかが腹にボールあてられただけで
 そんなこと言うのかよ

若林
「おまえの口からそんな言葉をきくとは思わなかったぜ
おれのいない日本での3年間でずいぶんいいこちゃんになったじゃないか 日向よ

サッカーは格闘技のはずだぜ 日向小次郎」

※正論を言われた日向は何も言い返せなかった

ここまでいわれちまったら、若林から1点とってだまらせるしかない
日向は完全なタイガーショットを放つ

だが、若林はこれをキャッチ

その後、その後、全日本キーパー 若島津と森崎は5失点を喫することになる

現在5-0 もう全日本ジュニアユースに勝ち目はない
日向は最初、ペナルティエリアの外から

点を取るといきまいていたが
それが不可能とみるや、至近距離から思い切り
タイガーショットを放つ

●若林さん 一歩もうごけず

完全に棒立ち、日向のシュートはゴールネットを軽くつきやぶる威力だった

若林
「逃げたな
てっきりペナルティーエリア外からうってくると思ったが
みっともないぜ日向

おまえはたかが1点のために おれとの勝負をさけたんだ

どうみても勝ち目がないのに たかが1点をそれまでして
ほしかったのか 日向ぁ!!」

若林はいいたい放題、ゴールを奪われたのにもかかわらず
言いたい放題だ

最初は、若林・・・ネットをつきやぶるシュートだからガチで
反応できなかったんやな・・・それでこの失態をごまかそうとして

みたいに思ったのですが

日向は試合前に、ペナルティエリア外からゴールを奪うからな
宣言をしていた

男と男の約束をやぶった日向に対して、辛らつになるのも当然だなと
思いました。

その後ガチの格闘技を行う若林と日向
日向はキャプテンマークをおいて、全日本ジュニアユースを離脱した