メジャーセカンド ネタバレ 感想 第27話 大げさなライトフライ、だがそれがいい

sponsored link

●大げさですがライトフライです

前回のあらすじ
大吾だけが悪いわけじゃないのに
大吾に厳しいドルフィンズ

卜部は東斗ボーイズを倒す為に
ドルフィンズに入団したのだ

■メジャーセカンド 弟27話

飛んできた、ライトフライ
これをキャッチしたとしても

タッチアップが成功したら同点にされてしまう。
ライトの大吾は、ホームをアウトにできるのか!!

という事で、今回の話しは始まりました。
1ページぐらい使って

そこ(大吾)に打球は飛んだ。
すごい一大事な場面だ!!という演出だったんですが

冷静に考えてみれば
ただのライトフライです。

●大げさですがライトフライです
●大げさですがライトフライです

今までの野球マンガで
難なくキャッチできそうなライトフライを

ここまで深刻に描いたマンガが
果たしてあったでしょうか?

でもそれがおもしろい!!

野球マンガもインフレすると魔球だの
センターゴロトリプルプレイ!!とかやりだすんですが

このライトフライには小学校6年生の
リアルな野球感っていうのが、すごい良くでていると思いますよ

前作のメジャーは、野球って才能だよ?
という雰囲気で面白かったんですが

メジャー2ndの少年野球っぽい感じもまたおもしろいです
さすが、ベテランの満田先生
マンガが上手いと思いました。

スポンサーリンク

そんなライトフライにミットを構える大吾ですが

ここで回想シーンに入ります。

キャッチの指導をしていた寿也が
大吾君にいいました。

寿也
「あー駄目駄目、ストップ
素早い返球、バックホームをするには、まずは捕球姿勢から意識するんだ」

寿也
「まず、落下地点より2、3歩後ろに下がる。そしてダッシュ
助走をつけ、すばやくキャッチして、体重を前に乗せて投げる
スローイングの基本は低い軌道で力強いボールを投げる事だ」

との事でした。

●低い軌道で力強くボールを投げろ
●低い軌道で力強くボールを投げろ

これは野球マンガでもたまに語られる理論で
ノーバンに拘るな、ワンバン、ツーバンでもいいから
転がすようにボールを投げろ

というのは、スローイングの基本ですね。

軟球の場合、もちろん硬球よりはバウンドした後の速度は
遅いと思いますが、山なりのボールよりは速いですからね。

この話には大吾も目からうろこだったようで
そんな方法が!!という顔をしていました。

大吾君、何でそんな初めて知ったよ
みたいな顔をしているのでしょうか?

田代監督は一体今まで、少年達に何を教えていたの!?
スローイングの基本なんて、小学生の野球部員
全員が知ってるようなものじゃないの?

前の話しで、大吾を信じて
俺は2番にした!!とか格好いいこといって
少し株を上げた田代監督

ここにきて、基本的な事を部員に教えていない事
が発覚してしまいました。

これでまた株が下がったので
現在、田代株は+-0という事にしておきます。

そんな回想シーンを経て
ライトフライをキャッチした大吾は
見事、寿也君の教えを忠実に再現しホームアウトに

1アウトフルベースのピンチを凌ぎました。

これには睦子ちゃんも
眼をキラキラさせながら喜んでいました。

ついでに、いつ来たか忘れましたが
大吾のお母さんもオトメのような表情で
大吾を見つめていました。

●完全に乙女に戻った薫ちゃん
●完全に乙女に戻った薫ちゃん

これからまだまだ伸びるぜ大吾君

スポンサーリンク