フードファイタータベル もえやすずちゃんについて確認する

フードファイタータベルに出てくる
もえやすずちゃんについて確認していきます

スポンサーリンク

■フードファイタータベル もえやすずちゃんについて確認する

もえやすず、フードファイター界において3人に王の一人、巨袋(きょてい)である

大食いクソ野郎の決勝トーナメント1回戦でかもめちゃんと対戦した

●いきなりアイドルモードの もえやすずちゃん
かもめちゃんのお友達気取りである

試合内容はパネルに対応した食材の早食い対決

食材を食べ切るごとにパネルを開いていき
先に正解キーワードをあてたほうが勝利となる

もえやちゃんは常にかもめに先行して
ほこらしいけつ〇のキーワードを暴いたが

最後の〇が”げ”だったため
回答をためらってしまった

※そこがいいという彼女のファンもいた

最終的にはお互いが自分のイメージの為に
キーワードがいえなくなったので、食材を先に食べ切っていた
もえやちゃんが勝利した

続く準決勝では、主人公のライバルポジである、はじめと対戦

たまごかけご飯をたくさん食べたほうが勝利という
シンプルなルールで対戦した

ちなみに、卵かけご飯は専門用語でペソー
地獄は多分ニー

無限卵かけご飯地獄の事をペソーニーと呼んでいる

この試合は数あるペソーニーの中でも最も過酷だと言われる
無限倍々ペソニーなのだ

最初は卵1個ごはん一膳の卵かけご飯なのだが
次は卵2個ごはん二膳
次は卵4個ごはん四膳
次は卵8個ごはん八膳
とどんどん食べていく

もえやちゃんとはじめはついに卵かけご飯128個に挑戦

●卵128個かけごはんの登場

相手にプレッシャーを与えるために、かわいく食べ続けてきたもえやちゃんだが
卵128個かけごはんは相当つらく

苦しい顔がのぞいてくる

だが、もえやちゃんが所属しているアイドル事務所の後輩たちが
応援してくれたので、最後の力をふりしぼり気力の3口を食べ
はじめにリードする

だが、はじめは胃のキャパシティを開放することにより
さらなる大食いが可能となり、128個卵かけごはんを先に完食してしまった

もえやちゃんは大食いクソ野郎、ベスト4戦で敗退となった

●最後の気力でたまごかけごはんを飲み込んだもえやすず

ちなみに、初期の巨袋(きょてい)は三袋の中では最強と言われており
他の二人の大食い3王(豪袋)(凄袋)を格下扱いしていた

人相の悪いおっさん風だったが、中身は大食いアイドルだった

それから、もえやちゃんは気配りができる女の子で女子力は高い
後輩の為に、ケータリングサービスの料理を取っておいてふるまってくれた

※もえやちゃんはかなりの人気アイドルだ、が同じ事務所の他のアイドルが
あまりにも売れないために、ギャラわけあたえている、かなりの苦労人だった

だが事務所の社長はアイドルよりもつやつやだったので
こいつが諸悪の根源とも言われている

社長
「うちの事務所は金がなく、所属アイドルに食わせる飯もない
私が食べる分で精いっぱいだ