フードファイタータベル うまみち君について語る

フードファイタータベル
うまみち君について語る

スポンサーリンク

■フードファイタータベル うまみち君について語る

フードファイタータベルのつっこみやくの
原田うまみち君

とにかくおいしい物が大好きなグルメオタクの高校2年生
高校生ながら昼飯に2500円のステーキ弁当を食べるほどのグルメ君である

実家は定食屋ルーズソックス

うまみち君基準でルーズソックスの飯はまずいのだが
タベル君は結構おいしく食べていたし

毎日飯をたかりに来るフードファイターのお客もいたので
味は普通以上だと思われる

将来は、なんかこう
テレビとかでよくおいしい店とか紹介している人

通称 TOMS(トムス)
TEREBITOKADE OISII MISETOKA SYOUKAISITERUHITO

になるのが夢

作中では後半フードファイターになり
タベル君といつか戦うんじゃないかと思われたが
そんなことはなく

最後まで突っ込み役の一般人で通した

●うまみち君 TOMSが夢

人が良く、腹を減らしたタベル君に、よくご飯を奢ってあげる聖人
タベルの胃袋は5万ブクーロ近いので

1食で50人前以上は軽く食べる
そんな男に奢ってあげるので、まじで太っ腹だ

※かもめちゃんというフードファイターの女の子にもなんだかんだ
奢ってあげていた

いろいろな呼ばれ方をしており
ミスターステーキ、みっちぇる、トム君、年金泥棒と
多彩なあだ名をもっているが

最終的にうまみっちぇるで落ち着く

~ヨーロッパ料理編~

彼の印象的なエピソードといえば、何といってもヨーロッパ料理編だ
うまみちくんはグルメで、まだ見ぬ味を求め
それっぽい店によく入店している

今回の店はヨーロッパ料理?という謎のカテゴライズの店

メニューは
焼きメススのバッジョラー
カメンダー
ナバームのオメロマンサラダという謎のラインナップ

店員に内容をきけばいいのに、通ぶって

焼きメススのバッジョラー、カメンダー
ム・バンダのペンデスト・ロマンチェパンマニョーラを注文する

ちなみにカメンダーとはキャベツ+ディップのことだ
ディップが先に運ばれてしまったために
スープだと勘違いして飲んでしまう失態もおかしている

そして焼きメススのバッジョラーが運ばれてくるが

これは焼きナスのサラダである

●カメンダーもサラダだったのに、メススのバッジョラーもサラダ

そりゃあ、おいおいまたサラダかよ・・・

さっき生でキャベツ食ったばっかなのにこれかよ
という表情を浮かべますわ

ここまですべて野菜ですましているので、最後のム・バンダぐらいは
がっつりした肉料理系がきてほしかったが

ム・バンダとは食パンの事であった

ペンデストなんちゃらは(ちょい厚めに切ったやつ)の略である

●ここまでサラダで最後が食パン

今回の冒険で薄い味のサラダとただの食パンを食べるだけで終わってしまった

サラダはまだしも、ちょっと厚めに切っただけの食パンを
メニューとして出しているこの店はどうなんだ?と思ってしまった

ちなみに料金は3品注文して3240円

サラダ1000円以上
さらにサラダ1000円以上
厚く切っただけのパン1000円以上
と考えるとまじで高い

普通に焼肉いったって3000円あれば1人が腹一杯食べるには十分だ
下調べをせずに、よくわからない店に入ってしまった
うまみち君の敗北であると言える

最初に出てきたステーキ弁当2500円も高いとおもったが
ヨーロッパ料理に比べると良心的だ