新テニ 鬼さんの過去 vs平等院

金太郎と試合中にもかかわらず
対戦相手の金太郎を無視し、平等院との過去を振り返る
鬼 十次郎

スポンサーリンク

■新テニ 鬼さんの過去 vs平等院

金太郎があまりにもアクティブなためか
忘れていたものを思い出した鬼

~鬼さんの過去~

※最新テニプリでは、鬼の10球打ちは
あまりにも早いスピードであるため、1球うってるだけなのに
10球うってるかのように見える、そういう設定

しかし、昔のトレーニングでは
子供たちに同時にボールを6球ほど打たせて
そのボールを全て打ち返して魚を取っていたのだ。

※こういう描写があったから、10球打ちは
ガチで10個のボールを放ってると勘違いしてたんですよ

●これはボール6個を使った漁業です

そして、鬼さんがサンタさんになり
子供たちが鬼の強さを望むようにになったので

日本一のテニスプレイヤーを目指し始めた鬼
U-17日本代表合宿に召集された彼は

若き日の平等院と対戦することになる。

平等院と鬼は高校1年生の時点で
他のどの高校生よりも強く

スピード、テクニック、メンタル、スタミナ、パワー
全てのデータが測定不能だった

圧倒的テニスにより土煙が発生し
審判はカウントを取ることができない

鬼さん
15-0じゃろうが!!

審判
ちょっとまってくれよ、何が起こってるのか全然わかんねぇ
 というかそんなキレぎみにいわないでくれよ!!

●全然分からない試合 土煙ですぎ

お頭は高校1年生時点では
パイレーツオブtheワールドが使えず
下位互換のパイレーツオブtheアメリカンを使用していた

ワールドはボールが10数球に分裂していて
ブラックホールのような範囲攻撃でないと防げない強技だった

だがアメリカンの方はバウンドボールが4,5個に
分裂するあけである

こんなの鬼先輩の5球打ちの餌食になるだけ

だが、平等院先輩のスネークチャーマーオブインディアは
手を回転することで、一度に5球打ちするような技

難なくカウンターをしていく

平等院
「俺をここまで追い詰めた男は初めてだ
だが一切負ける気がしねぇ」

自身にみちあふれる平等院
最初見たときは何を根拠にこんな事いってるのか
全然わかんねぇ レベルでしたが

平等院は試合中に進化していた
命の削りあいとなっているこの試合

異次元の強さを手に入れつつある平等院は
鬼との対戦をへて、光る球(デストラクション)を覚えたのだ

●鬼 十次郎 さらばだ!!

これを鬼は受け止めたのだが、衝撃波で後ろの壁が壊れる

観客
「あんなの当たったら ひとたまりもねぇ」

※波動球はボールの余波で壁を壊すことはできないので
ぶっちゃけ雑魚技なんだなって思います。

鬼さんはラケットでボールをとらえているのに
なぜか頬をけがするし、光る球の理屈も全然わからねぇ

さらに理屈がわからない鬼は
光る球を巨大化ボールにして打ち返した

平等院さんの表情をみるかぎり、巨大化ボールは過去の平等院さんにもできない技

平等院
え?ボールって巨大化できるんだ この技、結構強くない?
 おれもこの技まねしよ

そう思っていたのかもしれません

平等院が強くなることにより鬼もまた強くなる
この試合は鬼さんが7-6で勝利した

だが鬼が強くなることで
平等院も進化する

圧倒的相乗効果により、強くなり続ける2人の化け物
そりゃあ高校3年時点でこの二人がTOP1、TOP2になりますよ