テニプリ 手塚の腕や肩の怪我って結局何だったのか確認していく

手塚といえば、腕や肩を怪我しているイメージがあるので
彼の怪我の履歴を確認していきたい

スポンサーリンク

■テニプリ 手塚の腕や肩の怪我って結局何だったのか確認していく

初期の手塚は腕や肩を怪我している描写はなく
淡々と大石と試合をしていた、試合結果が6-1であるので

今考えれば、vs大石戦は手加減をしていたかもしれない
※本来の手塚が相手だと大石は1ゲームどころか1ポイントも取れなかったであろう

初期のころは手塚のファンである手塚ギャルがそれなりにいたが
女性キャラのモブは後半ただの空気になる

・手塚のひじの怪我

手塚が病み上がりであることはテニプリ6巻で語られる
医者が言うには

テニスは特にひじを痛めやすい、君のような成長期 関節に負担のかかるショットを
無理して打つとこうなる ケアが重要だ

だが、よくがんばったねおめでとう、君のひじは完治したよ
ただし、まだ長時間のプレーは禁物だからね との事

※完治したのに長時間のプレーは禁物なの?
それから、この時点でひじではなく肩も痛めていたとおもうけど
医者はきずけなかったんですか?

それから、この医者は大石の叔父であることが判明している

しばらく、怪我の事はスルーされていたが
校内代表リーグ戦で、手塚は桃城と戦った時に

手塚
桃城の奴は右足の捻挫は完治したようだ
 だが まだそれをかばっている様では本来の実力は発揮されない!」と語っている

大石
自分にも言ってるんじゃないのか? 手塚

~海外留学特待生~

手塚は竜崎先生から、海外留学特待生のパンフレットを渡されている

テニスの話だとはおもうが、パンフレットにはアメリカカリフォルニア校と書いているので
ドイツじゃなかった

この特待生の話って結局どうなったの?

~vs跡部戦~

インサイトを駆使している跡部様は手塚の腕を見抜いていた

跡部
あん?その左腕 痛めてるんだろ?
大石
「いや 手塚のヒジはもう完治してるはずっ!!」

「確かに手塚は最近までヒジを壊していた
だが、2か月前にはもう完治している 病院の先生からもOKサインをもらってるんだ
まだ治ってないなんてことはない・・・・ハズ」

らしいのだが、大石は自分の知り合いの医者が信用できないのでしょうか?

ちなみに、手塚がヒジを怪我した理由は、海堂に似ている青春学園の先輩から
因縁をつけられ、ラケットで攻撃されたからだ

当時は痛みも引いて、その時はなんてことない打撲だと思われていたが
2年の秋ごろに違和感が出始めた

手塚の練習量ははんぱないし、毎日のハードなトレーニングやゼロ式ドロップにより
筋肉疲労がたまり、古傷と相まってヒジを完全に痛めてしまった

本来はテニスができないほどのダメージを追っていたのだが
そんな腕で大石を6-1で破っているのだ

もちろん手塚の腕の怪我を知っている大石が本気出せない説もあるのだが
そんな男を校内ランキング戦に普通にだしている竜崎先生って一体なんなのでしょうか?

跡部さまはさらに言葉をつづけます

ヒジはたしかに完治したかもな手塚
 だがそのヒジをかばって無意識のうちに手塚は肩へ負担をかけてしまった

手塚は自分の体のことなのに気づかず
他人である跡部様がそのことにいち早く気づいていた
どんだけ跡部様は手塚の事知ってるねん」

持久戦にもちこまれた手塚は肩に負担をかけすぎて今度は肩を壊してしまう

●肩をおさえこむ手塚

越前は
「俺に勝っといて負けんな」と手塚勝利フラグをたてたが、結局試合は7-6で
手塚の敗北に終わってしまう。

~手塚国光 九州編~

手塚は負けたが、チームが勝利したので関東大会2回戦に進出が決まった青春学園
手塚は肩の治療の為に九州へ飛ぶことが決まった

宮崎には青春学園大付属の病院があり、手塚はそこに飛んだ

~真田さんの意味不明な無我の説明~

手塚は全国大会vs木手戦で百錬自得の極みを発動させた

無我の爆発的にあふれるパワーを左腕一本に集めることにより威力回復などを倍返しでき
副作用の疲労も最小限に押される それを可能にしているのが手塚ゾーン

とのことだが、手塚がヒジや肩を怪我した最大の要因は
手塚ゾーンのような負担のかかる技を使用していたからなんですよね?

手塚ゾーンを使えば、無我の疲労を抑えられるのに
手塚は怪我をしてしまったの?

真田
「3年ほど 腕の怪我だか何だかシランが封印していたようだ」

この説明だけだと、手塚の百錬はすごい負担をかけるから
今まで使わなかったと取れます

これを見ていた跡部様は
ハーハハハッとテンションを高めていますが、手加減していた手塚に
跡部様はぎりぎりだったということです。これはやるせない

~肩は完治している?~

青春学園付属病院の医師が言うには
医学的にはもう肩が上がってもいいはず との事だが

獅子楽中学とのリハビリ練習試合では肩があがらず
大丸に6-0で敗北してしまった

だが、千歳の妹のミユキちゃんが頑張っているから自分も頑張らなきゃいけない
イップスになってる暇なんてないんだ というノリで
復活をとげた手塚は大丸にリベンジしておいた

~結局肩とヒジ両方が壊れ始める~

全国大会決勝戦S3に出場した手塚は真田と対戦
手塚ファントム、ゼロ式サーブという腕に負担をかける技を使ってしまい

腕を壊した(ヒジがうっ血していて、肩を抑えているので)
結局両方調子が悪くなった模様

医者「君のヒジは完治している」「肩はもうあがってもいいはず」
とか言ってたのにこれですよ?

●結局ヒジと肩両方が悲鳴をあげる

完治とはいったい何だったのか?
ちなみに新テニではヒジも肩も怪我する様子もなく
そのまま普通にしています

~手塚の腕の怪我履歴~

1・先輩に攻撃されて左ヒジを壊した
2・左ヒジは完治したが、ヒジをかばいすぎて今度は肩を壊す
3・肩は完治したとは言われていないが上げる分には問題がない
4・真田戦で本気をだしすぎて肩とヒジをまた壊した
5・新テニになってから気づかぬうちに完治している?

みたいな状態でした