新テニ 種ヶ島vsゼウス様

デビル赤也と処刑の遠野が恥ずべきバトルテニスで1勝を挙げた
ヘラクレス先輩も恥ずべきテニスだと思うのだが
彼は心優しい人という評価で終わった

スポンサーリンク

■新テニ 種ヶ島vsゼウス様

ギリシャvs日本 第3試合シングルス3
強豪ギリシャを相手に2連勝

次のシングルスは中学生の白石クラスノスケ
同一チームのケンヤ君はやたら盛り上げ役をかってでており

そして次白石きたでぇーー こりゃ3タテもあるでぇ!!
と気合が乗っていた

●白石が来たのでこれはもらったとのこと

だが、対戦相手はギリシャのno1プレイヤーのゼウス様

白石
「オ オーラの塊や・・・平等院さんやボルクプロともまた違う
全て・・・見透かされとる・・・」

そして一瞬にして白石のバイブルテニスが崩壊した
完璧なテニスが終わってしまった白石の代わりに
日本チームリーダーの種ヶ島が出場することになる

ケンヤ

「え?俺、白石のために盛り上げ役したのにあいつでぇへんの?
白石キタデェーーバイブルふぉおおおお

みたいなノリで騒ぎまくった俺が馬鹿みてぇジャン
まじこまるわ、俺の隣にいるチームメイトの副主将(名前しらねぇけど)
 も驚いてるじゃん、ケンヤかっこ悪いって思ってるじゃん

そして試合の方は種先輩が優勢、相手のショットは無にして返せるし
ゼウス様は特にすごい技を使ってこない

種先輩とはあまり絡みがないであろう沖縄勢も盛り上がっており
甲斐君もタニシも喜びまくっている

こいつらってこんないい人達でしたっけ?
相手プレイヤーではなく監督を狙い打つという
バトルテニスの中でも最も下劣なことをしでかす品のない連中だと思っていたのですが

この短い期間で彼らの意識がなぜこうもかわったのか謎に包まれている

●今までが今までなのに急にいい人風になる比嘉中のメンメン

そして、平等院さんはゼウス様のテニスは手塚に似ていると話始めた

平等院
「貴様らの仲間に手塚という奴がいたろ?
奴が手塚ゾーンとやらでボールの回転を自在にコントロールしたいたように

ゼウスはその試合の展開や打ち合いのペースまでも自在にコントロールし
一見せめられているようにみえて、要所要所のポイントは全て自分で取っている」という

跡部
「はぁーん?平等院パイセンそうなんすか
でも手塚は回転をかけるだけで、ゼウスはボールに回転とかはくわえてないっすよね?
なんでそれが手塚と似ているみたいな扱いになるんすか?

手塚ってそもそも派手でコストは高いけどめっちゃ強い技つかってくるじゃないっすか
あの地味なテニスはむしろ真逆なんじゃないっすかね」

みたいに跡部は思っていても不思議じゃない
というか何言ってんだ?鳳凰パイセン?みたいなツラしてますよ

●跡部と平等院さんの絡み

そしてゼウス様はいきなりテニスコートを砂漠に変貌させ
種ケ島を遭難させた。種ケ島は水を求め砂漠をさまようことになる

オアシスをみつけた種だったが、それはただのペットボトル
自前のドリンクをこぼしてしまい あっけにとられた

※普通の感性でいけば、テニスコートを砂漠にかえるなんていう発想はでないのですが
平等院先輩がテニスコートを海賊船にしているので

これはテニスコートに影響を与える能力なんじゃないかなって
自分は思っています。

~続く~