新テニ 真田・幸村のダブルス vs オーストラリア主将ペア

鬼先輩は大事なスイス戦に高校生を温存させた訳か
そう言っていたが、あまりにも温存策が過ぎていた

世界2位のスイスはオーストラリアに負けた

スポンサーリンク

■新テニ 真田・幸村のダブルス vs オーストラリア主将ペア

試合開始前に、ドルギアスと跡部様の牽制が始まった

跡部「この前は世話になったな」

ドルギアス「あ?誰だっけか?

跡部「俺様はシングルス3で出る!!逃げんなよ」

※ドルギアスは背負い投げやジャンピングキックをレオンや跡部にしてきたのですが
すっとぼけてしまいました。

そりゃあ暴力行為が明るみに出たら試合する前に敗北ですからね
非常識で知られるドルギアスさんも失格はこまるということです

~真田・幸村のダブルスが始まる~

立海最強の2人がペアを組むダブルス
対戦相手はオーストラリア代表のキャプテン ジャン・フィッツジェラルドと
クリス・ホップマンのペアだ

オーストラリアは(高3、高3)対する日本は(中3、中3)
しかもオーストラリアは自国のキャプテンを出してきた

※スイス戦では主将はでていないのに勝利している
つまり主将はスイスに勝利したメンバーよりも上であることはほぼ確定的

こりゃあ幸村真田の勝利はないなとこの時点では思われていた

●中学生相手に主将を持ち出してくる オーストラリア

そしてメンタルは高いと思われていた真田さんですが
いきなりダブルフォルトをかましていきました。

オオオオオオ ゲーム1-0 オーストラリア!!

完全アウェイの異様な状況にびびりまくる皇帝
唯我独尊でやりたいほうだいである皇帝がここまで委縮するなんておかしい

真田は関東大会で中学1年生に負けておきながら
「決勝までよくきた、だがお前たちは俺達と戦えるレベルではない」と言い出すほど
メンタルが高い男だと思っていたのに

この程度のやじで1ゲーム取られるとか
なに普通の中学生みたいなことしてるんですか?

というつっこみが入ってしまう

そして、メンタルがやられはじめた真田がとった行動は
君が代を歌う事である。これにはオーストラリアはもとより幸村もびびり

騒いでいた観客たちも静かになってしまった。

●え?この帽子野郎なに・・・ という表情だ

クリスさんだけはやたらするどい目つきをみせて
なるほどそうきたのね。やるねぇキミ といった表情

観客はしばらくあっけにとられていたので
そのすきにせめいる真田・幸村、そして回想シーンが始まった

~オーストラリアキャプテンの回想~

オーストラリアは世界NO2のスイスに勝利してもりあげる
やったぜHoooo!! Yeah☆と遠野さんばりのハイテンションだ

しかしキャプテンであるジャンはいたって冷静

主将ジャン
「おいおいっ まだグループリーグを1勝したにすぎない
きをぬくなよみんな!」

オーストラリアのメンバーをなだめている
しかし見てほしいジャンさんの姿を

●ジャンさんの姿

聡明なみなさんはもうお気づきだろう
ジャンはスイス戦終了後に大量の汗をかいていて、ここから汗を流すぜモードに入っている

※グループリーグは1人1試合しか出場できないはずなのに
なぜジャンさんはスイス戦に出場した雰囲気を醸し出しているのか?
これは練習で流した汗なのか?それともスイスと激闘を繰り広げたあせなのか?まったくわからない

もしスイス戦にジャンが出ていたとしたら、完全にルール違反だ

クリスはドルギアスに対し
「これ以上迷惑かけるんじゃねぇ、イギリスチームに謝罪いったんだぞ
事が公になったら出場停止になるじゃねぇか」みたいに言っていたが

ジャンさんがルール違反を犯していたとしたら
それこそ一発出場停止である。

ジャンもドルギアスも大概だった
そして、オーストラリアさんは、なぜ日本に謝りにいかなかったか?

言うまでもないが投げ飛ばされたレオンに加え、跡部様もけりを入れられている
イギリスには謝罪をいれるが日本はスルー、完全に日本舐められている
そういう流れができあがってしまった。

~続く~