るろ剣 剣心 vs 宗次郎 その002 宗次郎の過去

前回のあらすじ

剣心は2歩手前の縮地に反応できずに後ろをきられてしまった
宗次郎は10年間感情を封印してきたのに
とどめをさせないだけで、ちょっといらついてしまう

スポンサーリンク

■るろ剣 剣心 vs 宗次郎 その002 宗次郎の過去

宗次郎の草鞋のヒモがきれたので
ここで回想シーンが入る

10年前宗次郎は、妾の子として
不遇な扱いを受けていた

宗次郎が養子として入った家はかなり金持ちっぽいんですが
妾の子である宗次郎を邪魔もの扱いしていた

※表向きは世間体を考えて養子にしたとのことだが
その割には過酷な労働をさせている

宗次郎はこの時7-8歳前後だと思うが
米俵100俵を運ばせていたのだ

「今日中に米俵100俵 西の倉に移しとけって言っただろうが
出来ねぇじゃねぇんだろ やれっつーたら やりゃいいんだよ」

※宗次郎が運んでいる米俵は1つ30-40キロ近くはありそうなボリューム
そんなものを日常的に数十、数百運んでいたとなると
宗次郎の足腰は相当きたえられていることになる

るろ剣の考察で
なぜ宗次郎が強くなったのか?という問いに対して
米俵を運ぶことで足腰が鍛えられたからだ

そう答える人もいるほどだ

不遇な扱いを受ける宗次郎はさらなるピンチを迎える
家の敷地内に、CCOが不法侵入してきて
さらにはCCOを倒しに来た警察官もやってきたからだ

CCOは最初宗次郎を始末しようとしたが
この状況下でもニコニコしている宗次郎を見て
興味がわいたので

包帯と食い物を持ってくることで許してやることにした

※米俵100俵を運ぶまでは家の中に入れないはずなので
こっそり家の中に入っていることになる

こんな所を見つかったらCCOの前に
親にやられかねない

宗次郎って7-8歳にして相当度胸あります

●おにぎりと 包帯をもってきて なおかつかくまってくれる宗次郎

~次の日~

宗次郎はCCOをかくまう傍ら
今日もせっせと米俵を運ぶ

その米俵を義理の兄が切り捨ててしまったので
代わりに宗次郎がオヤジにおこられることになる

ボコボコにされた宗次郎は
CCOに自分の過去の事を話す

「ここに来たばかりのころは
邪魔もの扱いされていじめられたりしたら
怒ったり 泣いたりもしていた」

でも 怒ったり泣いたりしたら、あいつらはさらにつけあがって
 余計に凶悪になる

でも逆に我慢してニコニコ笑っていれば
 こっちの被害は一番少なくて済む どんなに痛くてもくやしくても
 笑ってさえいれば・・・

宗次郎は
「仕方ないよね 兄弟といっても
僕はこの家の本当の子どもじゃないから 悪いんだ」

CCO
「違うな 生まれがどーのこーのじゃねぇ
お前が弱いから悪いんだ 所詮この世は弱肉強食
強ければ生き 弱ければ死ぬ

どんなに上手に嘘の作り笑いをしたところで
この真実からは逃れられねぇぜ」

この刀をお前にくれてやる こおの宿代がわりだ
好きにしろ」

というるろ剣でもトップクラスに印象的なシーンが繰り広げられるのですが
いうて宗次郎は7-8歳の子供ですからね

この平和な明治の時代に、弱肉強食という説教をされ

さらには、お前に刀を渡してやる どうするかはお前が考えろや
っていうのは結構厳しい

弥彦も両親がいなくなり、893に飼われ
スリをさせられていたので、結構不遇な環境であるが
宗次郎はそれに負けず劣らずの環境ですからね

●宿代代わりに刀やるから、好きにしろ

宗次郎は7-8歳ではあるが、CCOの意図を理解しており

宗次郎

つまり・・・この刀で兄や親を・・・

という流れに一瞬なりかけたが
心優しい宗次郎は、まだ兄や親を少し信じているのか

僕は弱くても今まで通りでいい
という結論を出した

だが、CCOをかくまっていることが親にばれてしまい

大の大人4,5人が宗次郎を囲って
スコップや刀の鞘で攻撃してきた

「宗次郎 このご時世に政府の意思に背く真似するんじゃねぇ」

さらには

ここには凶悪な犯罪者が潜んでいるんだ
子供が1人いなくなっても、別に何の不思議もねぇ
そういいだす クソ兄

宗次郎はこの時、今までの楽一辺倒のニコニコした顔をやめ
完全に恐怖している表情となる

多分このときに、宗次郎はこいつら全員を消し去ることを決めたんだと思う
そして隠していた刀を手にした宗次郎は

米問屋の家族全員をこの世から葬った
最初は怒りに身をまかせていたが
全てが終わった後の表情は 泣き顔ではなく笑顔だった

●最後に見せた表情は笑顔 これより10年 宗次郎は楽の感情のみで生きることになる

このシーンで宗次郎の異常さを引き立たせて
この男はただものではないんだ
という雰囲気をよく出せている

これほど壮絶な環境にいた男が弱いわけがない

ねぇ志々雄さん
あん?

僕・・・強くなれるかな・・・

そうだな

お前なら 俺の次に強くなれるさ