るろ剣 剣心 vs 宗次郎 その003

宗次郎の壮絶な過去は
宗次郎の強さを証明するには十分だった

スポンサーリンク

■るろ剣 剣心 vs 宗次郎 その003

宗次郎の過去の回想シーンが終わり
再び剣心 vs 宗次郎が再開

宗次郎はニコニコしているが
剣心があまりにもぬるい殺さずを主張した上に

過去の自分を救ってくれない存在でしかないので
いらいらしていた

こんな奴相手に本気を出したら
ボクの格が下がる

みたいに言い出して、縮地を出すことをためらい
縮地の一歩手前で倒すことにこだわっていた

●次こそ 縮地の一歩手前で決めてみせますね

縮地を使えば、絶対に緋村さんには勝てる
でも、あの人の間違った剣に全力を出したら
余計イライラしてしまいますから

しかし、意外にも縮地一歩手前では剣心に
通用しなかった

※縮地の2歩手前が通用したのは
宗次郎の感情が封印されていて、剣心の先読みができなかったからだ

感情が漏れ出した宗次郎の縮地一歩手前では
ほぼ剣心と互角の勝負になってしまう

●なんやかんや言って互角の領域になってしまった

試合中に対戦相手が進化して強くなるのはバトル漫画ではよくあるが
特にけがをしていないのに
対戦相手が弱くなっていくというのは新鮮な感じがする

※本来、感情欠落、天剣、縮地
3つのスーパースキルを持つ

宗次郎は圧倒的な強さで

最初から全力で行っていれば
剣心がしゅんさつされてしまったので
しょうがないといえばしょうがないですけど

剣心の何気ない一言

「もし それがまだ手遅れでなくば
今からでも もうやり直しは効かぬのか?」
という扱くまっとうなものいいで精神が崩壊した宗次郎は

ここまでデフレした状態で、本気を出すことを決めた

抜刀術の構え
右手がやや下がり気味だが あくまで速さ勝負というわけか

●感情欠落のスキルを失っても、自分には縮地がある
本気なら剣心にはまけない

僕が唯一名前をつけた技「瞬天殺」

本気縮地の突進から天剣の抜刀術につなげる連続技
たとえ先読みができたとしても
あなたでは防ぐことはできません

本気の縮地の突進は
左之助でも速すぎてみることはできない動きだったが

抜刀術のスピードは剣心の方が上
あまかけるりゅうのひらめきは

さらに一歩ふみこむことにより、超神速の抜刀術が可能になる

総合的なスピードはほぼ互角になったが
技の破壊力は剣心のほうが上回っていたので

最終的には剣心の勝利に終わった

剣心に敗北した宗次郎は何がただしいのかがわからなくなり
自分一人で本当の答えを探すために、旅に出ることを決めた