るろ剣 初期の雷十太さんはそれなりに大物だった

メンタル雑魚で知られている雷十太さんですが
初期のころはかなりの大物風でしたので

そこの所を確認していきます

スポンサーリンク

■るろ剣 初期の雷十太さんはそれなりに大物だった

前川道場という薫ちゃんのファンクラブ総本部
そこにやってきたのが

僕たちの雷十太さんである

雷十太のお目当ては薫ちゃんではなく
前川道場の開祖 宮内である

「吾輩は 石動 雷十太
日本剣術の行く末を真に憂う者である」

雷十太は3本勝負で竹刀を持ち出してくる宮内を一刀両断
正々堂々と1対1で宮内を破った

●人の命は1人に1つ ゆえに3本勝負などありえるぬのだ

最後に宮内にとどめを刺そうとしたのはちょっと
小物っぽいような感じではありましたが

とりあえず、この時点では
日本剣術を憂う者として、それなりの威厳を保っていました

そんな雷十太は剣心の事を気に入り
自分の流派である

「真古流」の一員になるように勧めてきました

真古流は日本剣術再興の大業をなすための団体
流派というよりは剣客集団のようなもの

全国つつうらうらを道場破りして
真古流に見合う強さをもった剣客を探してきた
雷十太は剣心を仲間に取り込もうとしていたのだ

まぁ、津々浦々探し回って
現在仲間は4人程度なのはちょっと
求心力がないんじゃないの?って思わなくもないんですが

それだけ雷十太が求める強さというのは半端ないレベルだった
ということなのでしょう。

剣心クラスでなければ、仲間にできないとなると
なかなかみつかるものではありません

●剣術が弱体化しないように
真古流が全ての流派をねだやしにし
唯一無二の正当日本剣術として再興を始めるのだ

※一応明治時代では廃刀令がしかれていて
真剣を持ち歩くだけで、警官がやってくる世界です

そんな世界において、ガチの強さと
最強の剣術を普及させるのは並大抵のレベルではありません

自分を含め5人しかいない剣客集団の隊長なのに
こんな大きな言葉を口にするとは、思ったより大物感があります

~雷十太さんは 得だけで動く男ではない~

雷十太さんの弟子であるゆたろうはしばらく神谷活心流道場で
薫ちゃんや弥彦とトレーニングしていたのですが

自分は、雷十太の元でトレーニングを積むことを選択します

ゆたろうは屋敷へ帰る途中に山賊で襲われてしまった
ゆたろうの父親は山賊に金を払って命乞いしたのだが

ゆたろうは自分の意地を見せ、決して命乞いをしなかった

そこに通りかかったのは正義のヒーローである
雷十太さんである

雷十太は山賊を一撃のもとに葬り
由太郎と父親を救ってくれたのだ

●人を助けるのに理由なんていらんだろ?というイケメンっぷり

由太郎
先生は無口で無表情だが、正義の心をもった強い男なんだ
男は口じゃない、行動で語るものなんだ」

みたいに言っちゃうほど、雷十太さんを信頼している様子

とりあえずここまでの情報を列挙した場合
雷十太さんは

・竹刀でビシバシする脆弱な剣術界を変える野望を持っている
・この平和な時代において最強を目指す 圧倒的に高い志
・有言実行。野望のために同士を集めている
・損得なく人を助ける 不器用ながらやさしい男

というイメージを読者に印象づけることに成功しています

ここまではそれなりに大物感があったのは事実です。
かなりの剣客でもありますからね。

しかし、夜道で剣心が不意打ちされた時に流れがかわりました

左之助
夜道で背後からの不意打ちかよ いよいよバケの皮がはがれてきやがった

続く