ヒロアカ、緑谷君は特訓を開始、個性は受け継げた ネタバレ 感想 第02話

前回のあらすじ
緑谷君をこばかにしていた
爆豪君がヴィランにつかまった

だが、緑谷君はスルーせずに
勇気をだして、爆豪君を助けようとした

■ヒロアカ 感想 第02話 オールマイトが来た!!

爆豪君を助けようとして、結局自分では
何もできなかった緑谷君

しかし、その心根に惚れたオールマイトという
ヒーローは身を呈して、爆豪君を助けてくれた。

オールマイトはいった
“無個性”のキミが勇気を出したからこそ
私の心が動かされた

キミだってヒーローになれる!!

みたいな流れになって、ここでオールマイトの
紹介が入りました。

NO1ヒーロー「オールマイト」!!
年齢不詳 ”個性”は不明!

ヒーロー界に颯爽と現れ
その実力で不動の人気を得る

彼の登場以降、深刻だった敵発生率は年々低下し
存在そのものが”抑止力”とされ、名実ともに
“平和の象徴”となった男

らしいです。

●NO1ヒーロー”オールマイト”
●NO1ヒーローオールマイト

そして、この男 第02話にしてとんでもない事を言い出しました。

君なら私の”力”、受け継ぐに値する!!
“平和の象徴”オールマイトは

ナチュラルボーンヒーローでなければならない
私の”個性”は聖火の如く、引き継がれてきたものなんだ

引用すると、このように語っていましたね
この言葉を直訳すると

ナチュラルボーン、つまり無個性の人間は
“個性”を引き継ぐ事ができる

だから、無個性の緑谷君はオールマイトの
“個性”を譲渡する”個性”ワン・フォー・オールという
超パワーの個性を授かる事ができる

だから緑谷君はヒーローになれるし
ヒーローになるための学校雄英高校に入学する事ができる

スポンサーリンク

という事らしいです。
つまり、緑谷君はめちゃくちゃ才能がある!!という事だったのですね

才能がない主人公が、力とは関係のない分野で
ヒーローになるのか?という風に思っていたのですが

やっぱりジャンプは才能漫画なので、才能が全てという
結論に至りそうです。

NARUTOなんかも、主人公は簡単な分身もできない
落ちこぼれ忍者だったけれども、実は一番才能のある男だった
ていう漫画でしたものね。

もちろん、個性授かって君がNO1だ!!という簡単な話しではなく
個性を受け継ぐには、強力な身体を持っていなくてはいけない
だから、身体を鍛えよう、という話しには落ち着きました

ジャンプ漫画でいうところの”努力”の部分。

■ヒロアカ 感想 第02話 海浜公園を綺麗にしよう!!

この努力パートは、ゴミが溜まっている
海浜公園のゴミを掃除して、綺麗な海にしよう
という話に落ち着いたのですが

なにぶん、破棄されているのは、業務用の冷蔵庫や机、イス等の
家具、車のタイヤや軽トラック等ですからね
これを綺麗にするには圧倒的な労力がかかることでしょう。

期間はゆうえい高校の入試が始まる10ヶ月間
一標準体型の中学生が身体を鍛えるには
十分な期間と言えます。

●海浜公園を掃除する緑谷君の画像
●海浜公園を掃除する緑谷君の画像

そして、緑谷君は指定された区間を綺麗に片付け
相当なパワーを手にしました。

というより、ヒーローを目指していたのなら
個性がなくとも、身体くらい鍛えていても
よかったのではないでしょうか?

そして、弟2話では、爆豪君が思ったより静かでしたね
弟1話では、俺はつええええええ、ひゃっほーー

みたいな乗りだったのに
今回は、緑谷にはかまいたくない
という感じの態度でした。

●今回は静かな爆豪君
●今回は静かな爆豪君

なんだかんだいって、一足先に助けに来てくれた
緑谷君に、少しは恩を感じていたのでしょうか?

スポンサーリンク