エアギア カズvsアイオーン

カズはベヒーモスのアイオーンと戦うことになる

スポンサーリンク

■エアギア カズvsアイオーン

ベヒーモスが小烏丸にちょっかいを出してきたので
小烏丸vsベヒーモスのパーツウォが始まった

最初はベヒーモスがステッカーを上張りしてきたので
Fクラスダッシュで戦う予定だったが

イッキ達が相手の陣地に乗り込み勝負するハメとなる

カズの相手はアイオーン
ベヒーモスの中でもバトルレベルは82と非常に高い
ぶっちゃけアキラよりもアイオーンの方が強敵だ

時をあやつる男で、とりあえず「時よ」と言って
攻撃をしかけてくる男である

時を操るというのは、結局は相手の知覚よりも
速く動くという事

圧倒的スピードで動けば相手は反応できない
ゆえに時を制しているということである

この圧倒的スピードを誇る相手に対抗するには
自分も早く動くしかない

逃げっぷりが半端ではないカズは、自分も消えた

●きえたぁああ あのウッスィーニット帽まで姿を消してしまった
ウスィーのもほどがあんぞ

そしてここで唐突にカズのポエムが始まった

バカみてぇに青い空だけを見てた
どこにだって行けると信じてたあの日

いつからだろう
そこに鉄のフェンスがあると気づいたのは

気づいたときにはもう世界はとっくに誰かのモンになってた
~略~

という風にいきなりポエムだった

テニプリも試合中に手塚や幸村が歌いだしたり
最終回には青春学園の校歌が流れ出したりしていたが

ポエムぶりではエアギアも負けていないのだ

●エアギアもテニプリ同様 オシャンティな漫画なのだ

それにしてもカズはちょっと前までは時速82キロが
マックススピードという話だったのに

弾丸を使った破壊検査にも使われるハイスピードカメラでなくては
実体をとらえられないほど速くなっているとは
ものすごいインフレ具合である

それでもアイオーンのスピードにはかなわなかった

実はアイオーンはただ速いだけではなく
自らのホイールの摩擦で炎をだし

光の屈折現象で自分の姿を隠していたのだ

スピットファイアさん曰く、こんなものは三文手品
こんなものを使わなくても彼のスピードは時間を止めているようだ
みたいな事を話していたが

炎をだして屈折現象を引き起こすという方がよっぽどすごい
ような気もする

とにかくアイオーンはスピード+屈折現象を使うやっかいな
相手ということだ

カズは結局アイオーンにスピードで勝ることはできず
パンチ一発でノックアウトされる

●時が止まるほどのスピードパンチ

指一本分は反応することができたが
実力どうりの結果に終わってしまった

【同一カテゴリの記事はこちら】

前の記事>> → 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする