ヒロアカ、委員長選挙の結果考察 感想 ネタバレ 第012話

前回のあらすじ

轟君の個性である
氷能力が強い

弟3のヒロイン枠として
八百万 百ちゃんに期待がかかります。

■雄英バリアーがダサい

最初は雄英の登校シーンから始まりました。
雄英高校ヒーロー科のヒーロー基礎学の講師は
オールマイトなわけなんですが

オールマイトが雄英の教師に就任した!!
という事でマスコミがどっと押し寄せました

インタビューでは、緑谷君、お茶子ちゃん
飯田君、爆豪君なんかがインタビューを受けていました。

記者の女性は教師でもある相澤先生にもインタビューを
求めましたが、相澤先生は華麗にスルー

業を煮やした記者は雄英高校内部に入校しようとしましたが
雄英バリアーという、機械仕掛けの扉に阻まれ
入校は出来ませんでした。

学生証や通行許可IDを身に着けていない者が
門をくぐるとセキュリティが働き、内部に入る事はできないそうです。

●ダサい名称の雄英バリアー(機械仕掛けの扉)
●ダサい名称の雄英バリアー(機械仕掛けの扉)

そういえば、仮想ヴィランなんかもメカメカしいですので
雄英高校の機械工学技術ってかなり凄そうですよね。

■委員長選挙の結果から状況を考察

校内の授業では相澤先生が学級委員長を決めるとか
言い出して、クラス全員で学級委員長を決める事になりました。

普通科ならそんな大役というわけではないそうですが
ヒーロー科なら、集団を導くという、トップヒーローの素地を
鍛えられる役という事で、かなりの人気のようです。

そういえば、ヒーローは資格を取得しなければならない
という話しが前にありましたので、委員長になれば
資格取得に有利という一面もあるかもしれませんね。

結局、全員がやると言い出したので、収集がつかず
飯田君の提案があり、投票で決める事になりました。

みんながやりたがるから自分に入れる
だが、ここで複数票を取るものこそリーダーに相応しいとの事です
一理ありますね。

スポンサーリンク

そして、投票結果は下記のようになりました

緑谷 3票
八百万 2票
尾白 1票
爆豪 1票
切島 1票
峰田 1票
口田 1票
障子 1票
耳朗 1票
蛙吹 1票
上鳴 1票
瀬呂 1票
常闇 1票
砂藤 1票
芦戸 1票
青山 1票

ここで票数をチェックしたんですが
全部で19票でした。たしか一クラス20人ですから
20票はなければいけませんよね?

名前をチェックした所16人は判明しているので
4人不明票があります

飯田君、お茶子ちゃん、轟君、葉隠ちゃんです

お茶子ちゃんはその発言から
お茶子⇒緑谷に1票

同様に飯田君も後に緑谷君がいいといっていましたから
飯田⇒緑谷に1票と予想されます

残りの轟、葉隠ですが
これはどちらかが百に入れたという事になるのですが

多分、轟君が百ちゃんに票を入れたと予想されます
葉隠ちゃんは透明になれるので

ここで会えて透明感を出す為に、投票しない
という戦略に出たのでしょう。

■学食内でのお茶子ちゃんの発言がちょっとひどい

学食では緑谷一派
※緑谷に投票した3人(緑谷、飯田、お茶子)
が談笑をしていました。

飯田君曰く

「緑谷はここぞという時の胆力や判断力が素晴らしい
“多”を牽引していくのは君しかいないよ」
と、緑谷を絶賛して委員長に投票したそうです。

それに対してお茶子ちゃんは

「でも飯田くんも委員長やりたかったんじゃないの?
 メガネだし」

●話しかけるお茶子ちゃん
●話しかけるお茶子ちゃん

飯田君いいの?みたいな感じで話していました。
しかし、お茶子ちゃんが緑谷君に入れている以上
飯田君が自分で自分に投票しても、まず委員長になれません。

それが分かってて言っているなら、何気にひどいこと
いってるなと僕は思いましたね。

そんな折、警報がなり、セキュリティ3が突破されたので
生徒の皆さんはすみやかに屋外へ避難して下さい
とアナウンスがされました。

セキュリティ3とは校舎内に誰か侵入してきたという事らしくて
三年間で初めての事らしいです。

生徒達はパニックになって、我先にと逃げ出しました
飯田君は
「さすが最高峰!!危機への対応が迅速だ!!」
とか言ってましたが

別に敵が襲ってきたわけでもないのに、なんで
こんなにテンパっているのでしょうか?

●雄英という最高学府に通うエリートの迅速な行動
●雄英という最高学府に通うエリートの迅速な行動

むしろ最高学府に通うエリートなのだから
もう少し節度をもって屋外へ避難するべきだと思いますね。

そんな行動に焦りを覚えた飯田君は
非常口に行き
「ただのマスコミです なにもパニックになることはありません大丈ー夫
ここは雄英!!最高峰の人間に相応しい行動をとりましょう!!」

と1年生とは思えないくらいの牽引力を用いて
全学年の生徒のパニックを鎮めました
もうこれ飯田君が生徒会長でいいんじゃないかな?
と思われるほどの行動力でしたね。

これに感嘆した緑谷委員長は、飯田君が委員長をやった方がいいと思うと
発言、最終的に飯田君が委員長となりました。

スポンサーリンク