ヒロアカ、八百万、上鳴、耳朗ちゃん出陣 ネタバレ 感想 第16話

前回のあらすじ
峰田君のチョコボールで
ピンチを脱した緑谷チーム

緑谷君は
ちゃん付けにまだ慣れていない

■ヒロアカ 感想 第16話 八百万、上鳴、耳朗ちゃん出陣

今回は緑谷チーム以外のメンバーの
活躍が光ります。

まずは土砂ゾーンに飛ばされた
轟チーム(轟君のみ)
の闘いが始まりました。

轟君はあいかわらず強力な個性である
氷を使い、ヴィラン連合をよせつけませんでした。

●圧倒的な力で相手から勝利をもぎとった轟君
●圧倒的な力で相手から勝利をもぎとった轟君

※このコマだけをみれば、どちらが
ヴィランかわかりませんねw

続いて、今回のメインとも言える
上鳴君や八百万ちゃん、耳朗ちゃんのトリオ
山岳ゾーンで戦っています。

※今回はこの3人をピックアップして
レビューしていきます。

上鳴君は強力な電気を纏えるようで
耳朗ちゃんから、バリバリっとやっちゃってよ
と期待をかけられていました。

しかし、上鳴君は電気を纏うだけらしくて

放電出来ても操れない、二人とも巻き込んでしまう。
今俺は頼りになんねー!!

と弱気です!!

これに豪を煮やした耳朗ちゃんは

耳朗ちゃん
なら、直接相手にくっついて放電すりゃいいじゃん
みたいなノリで、上鳴君をけっとばしました。

相手にくっついた上鳴君は普通に便利なようで
ヴィラン連合相手に普通に闘えていましたね

●自由に放電できないなら、相手にくっつけばいいじゃない
●自由に放電できないなら、相手にくっつけばいいじゃない

えええーー
上鳴君って、この世に生を受けてから15年近くが
経過しているんですよね?

それなのに、自分の能力の事ほとんど知らなかったの!!
ちょっと前にコンビを組んだ耳朗ちゃんの方が
上鳴君についてよくしっていたようです。

そんな耳朗ちゃんも今回は活躍します

●準レギュラーの枠を狙う耳朗ちゃん
●準レギュラーの枠を狙う耳朗ちゃん

個性”イヤホンジャック”

※プラグを挿すことで
自身の心音を爆音ボリュームでお届けできる
他にも微細な音をキャッチしたりできる

らしいです。

なんかこれだけ見ると・・・弱い!!
だって心音を爆音ボリュームでお届けって
ワンパンマンでいくところのキングじゃないですかーー

と思ったのですが
冷静に考えてみると、結構強いです(どっちだよ)

スポンサーリンク

例えば、ハンターハンターにもいましたよね?
ワッ!!とかいう声を出して相手に攻撃していた人
(名前は忘れました)

それに、NINJA漫画NARUTOでは音忍という
音を衝撃にして相手を倒すという忍術使いがいましたし

ワンピースだって、なんかダイヤル?とかいうのも
音による攻撃じゃありませんでしたか?

心音が高いの部分だけみると、キングだー
って思ったんですが、トータルで考えれば
応用がききそうな良能力だと思います。

1・意思疎通をするために遠くの味方に連絡できる
※高い心音を味方に届ける事で
ピンチであることを知らせる

2・音の衝撃波で相手を倒せる
※相手に見えない攻撃なので
性能はすごい

と、なかなか使える娘さんのようです。

そして、何よりすごいのは
この娘さんのヒーローコスチューム

完全に私服です。
※もしくはジャケットっぽくもある

上鳴君も同系統のヒーローコスチュームなので
この二人なかなかお似合いだと思うんですよ。

他のヒーローが個性的なコスチュームに身を包む中
二人だけがペアルック!!

これは意図的にこの2人は仲がいい
アピールをしているのではないでしょうか?

今後の二人の関係に注目していきたいと思います。

一方、推薦入学者であり
体力測定1位の八百万ちゃんも活躍します。

個性 創造 という

生物以外なら何でも産み出せる、能力を使い
絶縁体シートを生成、自分たちを雷から守り

上鳴君に全体放電をさせました。

上鳴

「これなら俺は・・・
クソ強え!」

●強え、上鳴君
●強え、雷鳴君

彼がもし、ワンピースの世界にいたら
ロギアの中でも相当上位である

ゴロゴロの実の能力者なわけですから
たしかにクソ強いと思います。

ワンピースの世界じゃないにしても
雷、光系はバトル漫画の花形

彼の個性がパワーアップしたら
轟、爆豪君を超えるだけのポテンシャルを秘めていると思います。

スポンサーリンク