ヒロアカ、駆けろ飯田 相澤先生は無個性と同じ ネタバレ 感想 第17話

前回のあらすじ

耳朗ちゃんの能力は弱そうに見えて
冷静に考えれば強かった

ペアルックを決めて、調子に乗る
雷鳴君、これなら俺はクソ強え!!

■ヒロアカ 感想 第17話 駆け抜ける飯田、お茶子ちゃんがサポート

倒壊ゾーンに飛ばされた
切島、爆豪ペア

この二人はなんだかんだいっても
入試の実技

総合1位と総合2位です

金の卵の中でも特上クラスな二人なわけですから
三下程度のヴィランではなすすべもなく
やられてしまいました。

この二人まじでたのもしいな

~いっぽうその頃~

伝令役をまかされた飯田君がUSJの出口に向かって走ります。

●高速で走る飯田君
●高速で走る飯田君

それを追って、黒い影(ワープやろう)
が、伝令を阻止しようとやってきました。

このワープの人って一瞬でワープできるんじゃないの?
なんか、普通に飯田君と競争できる程度のスピードに見えます。

さらにワープの影も実体であるらしく
お茶子ちゃん技で軽くされ、飛ばされてしまいました。

そういえば、お茶子ちゃんの技は、相手や物を軽くするには
制約が無く、自身を軽くするのには制約がある

そういう設定でしたよね?

●個性を使う、お茶子ちゃん
●個性を使う、お茶子ちゃん

ジョジョ4部のクレイジーダイヤモンド使う人は
味方の傷を治す事はできても、自分の傷を治すことは
できませんでした。

ワープの人もワープするためには何かしらの
制約を満たさなければいけない可能性もありますね。

それはおいておいて、お茶子ちゃんのバックアップもあり
何とか、USJの外に出る事ができた飯田君

伝令としての役目を果たす事ができました。

~一方その頃~

スポンサーリンク

■ヒロアカ 感想 第17話 相澤先生の個性は無個性

イレイザーヘッドこと相澤先生が
相手の主力につかまり、ピンチです。

●相澤先生を捕まえたヴィランさん
●相澤先生を捕まえたヴィランさん

ヴィランの主力A

「”個性”を消せる 素敵だけど
なんてことはないね
圧倒的な力の前では、つまりただの”無個性”だもの」

痛いとこつきますね・・・

そうなんですよね、相澤先生の個性はたしかに強力なんですけど
ようは、相手の力を封じるだけで、自分自身はただの人です。

一芸だけではヒーローは務まらん
とかいってましたが、完全に一芸タイプなんですよね

というよりも、教員なのに、実質無個性って
かなりまずいと思うんですよ。

彼から学べる事って精精一般教養くらいのものなんじゃないの?
まぁ、個性を使わない授業も大切な授業ですから

相澤先生みたいなタイプも必要と言えば、必要なのかもしれません

まぁ、そんなこんなで、ピンチを迎えた相澤先生ですが
飯田君の伝令のおかげもあって

敵さんは、今回はゲームオーバーだな
とか言い出して、帰り支度をはじめました

ええええええ!!

ちょっとまってくれよ、これだけのことをしといて
帰るっておかしくね?

緑谷君もいっていましたが

緑谷
「これで帰ったら、雄英の危機意識が上がるだけだぞ!!
ゲームオーバー?何だ・・・何考えてるんだ」

まさにそのとおり、やりたいほうだいやっておいて
何一つ目的を達成できていません。

ここで帰ったら、今後雄英高校も本気だして
侵入できないように、特殊な個性を持ちを総動員してきます。

何が狙いなんだ・・・こいつら

と思っていたら、オールマイトがやってきました!!

●なんか勝手に来たオールマイト
●なんか勝手に来たオールマイト

オールマイトさん・・・たしか敵さんの狙いって
オールマイトさんじゃありませんでした?

ここはわざわざこなくても、他のヒーローを
派遣してくればいいじゃないですかーー
飯田君何やってるんだーー

伝令する相手まちがってるーー

オールマイトを見てテンションを上げた
しがらき?とかいうヴィランもこれには、にんまり

コンテニューだ

とか言い出して、やる気マンマンです。

オールマイトさんは校長のありがたい教師論を聞いていれば
よかったと思います。

スポンサーリンク