ヒロアカ、しがらきの個性は粉々?燃えるお茶子ちゃん ネタバレ 感想 第22話

前回のあらすじ

主犯格の男たちは2人組みの
博士っぽいのと先生

謎のヒーロースーツを着ていた男は
1-Aの生徒だった

■ヒロアカ 22話 しがらきの個性は粉々にする能力?

今回はヴィラン連合チームのリーダー
しがらき君の話題からスタートしました

しがらき
「触れたものを粉々にする個性」

20代~30代の個性登録を洗ってみましたが
該当なし

ワープゲートの黒霧という物も同様
とのことです。

触れたものを粉々にする個性って
そんなの発動してましたっけ?しがらきさん

というか、個性登録届けが無いのに
能力わかったの?

ということでしがらきさんの
戦いを振り返ってみたんですが

確かに、粉々にしている描写がありました

こちらをご覧下さい

●しがらきさんの個性
●しがらきさんの個性

相澤先生の腕を掴んだときに
相澤先生の服がちょっとぽろぽろしています。

恐らくこれがしがらきさんの能力なのでしょう。

でも、考えてもみてください

これって個性じゃなくて、しがらきくんがちょっと強めに
腕を掴んだから、服が取れただけではないのでしょうか?

もしそうだったら
ヴィラン連合のリーダー格の
個性を勘違いした

という、取り返しの付かないミスを犯したのかもしれません!!

多分、こういう会話があったはずなんですよ。

事情を聞いたヒーロー達
「相澤さん、しがらきっていう奴の個性は
どういう物だったんですか?」

相澤
「ああ、彼に腕をつかまれた瞬間
服がぽろぽろした、つまり彼の個性は粉々にする個性だよ」

この相澤先生の発言一つが
めっちゃ影響力でかい!!

というか相澤先生って個性消せますよね?
それなのに、しがらきの個性が粉々にする個性だって
断言できるの?

この相澤先生の発言がフラグとなり
ヒーロー連合に不利益が起こらないことを祈るばかりですね

~一方その頃1年A組では~

スポンサーリンク

■ヒロアカ 22話 お茶子ちゃんが燃える?

そんなことで、フラグをたてた相澤先生は
雄英体育祭が迫ってる!と真剣な眼差しで
学校行事の連絡をしました。

雄英体育祭!!それは

日本のビッグイベントの一つ
かつてのオリンピックに代わるのが
雄英体育祭だ!!

●ヒロアカ世界ではプロスポーツは廃れてしまった
●ヒロアカ世界ではプロスポーツは廃れてしまった

とのことでした。つまり今の日本の世界では
個性を使わないプロスポーツは

あまり人気がないということなんですね。

それわかる気がします。
自分たちが個性っていう特殊な能力持ってれば
大なり小なり人生ハッピーでしょうし

個性を使わない、アスリートの運動よりも

ちょっと個性が使える一般人の方が
多彩な動きができそうですからね。

それを考えれば、超ルーキーが集う
金の卵たちのスポーツ大会の方が人気がでることでしょう。

それなら、プロのアスリート達が
個性つかって、競技すればいいんじゃないの?
とも思いましたが、まぁそれはおいておきましょう。

そして相澤先生は言葉を重ねます。

相澤
「当然、名のあるヒーロー事務所に入ったほうが経験地も
話題性も高くなる、プロに見込まれれば
その場で将来が拓けるわけだ」

「年に1回・・・計3回だけのチャンス
このチャンスを逃すな」

とのことでした。
ということは体育という名目ですが

バトル形式の戦いがあったりしそうですね
ジャンプ漫画的に考えて

そして、今回 気合を入れているのは
よいヒーロー事務所に入所して

お金を稼ぎたい、お茶子ちゃんでした。

お茶子ちゃんの家は建設会社を経営しているらしいのですが
仕事がなくて困っているらしいです

●両親を手伝いたいお茶子ちゃん
●両親を手伝いたいお茶子ちゃん

このコマのお茶子ちゃん、めっちゃ健気なんですが
ポイントはSUPERというセーターです!!

SUPER(スーパー)

極上の、すばらしい 特大の 非常に
という意味です。

この両親、めっちゃ娘を溺愛しとるがなーー

自分の子供に極上のセーター着せてる!?

もしくはうちの子はすばらしいんだ
という事を周りにアピールしているのでしょうか?

だとしたら、とんだハリきりダディ&マムですよね

そんなスーパーなお茶子ちゃんは
お昼ごはんにラーメンを選択

ついでに、飯田君もラーメンを選択し
轟君もラーメンを選択したご様子

雄英高校の人気学食はラーメンなのかもしれません。

一方、緑谷君はオールマイトと一緒に
お弁当を食べました。

緑谷君のお母さんは家庭的ですから
毎日かかさずお弁当を作ってくれている事でしょう。

なにしろ、自分の息子のヒーローコスチュームさえ
自作しちゃう人ですからね。

スポンサーリンク