ヒロアカ、雄英体育祭開幕 ネタバレ 感想 第24話

前回のあらすじ
モブの女の子はレベルが高い

普通科の少年のポテンシャルに期待

■ヒロアカ 24話 雄英体育祭、開幕

ヴィランの襲撃を受けたにも拘わらず
鋼の精神で乗り越えた奇跡の新星!!!

ヒーロー科!! 1年!!! A組だろぉぉ!!?

と、めちゃくちゃテンションを上げて
1年A組が紹介され

体育祭がスタートしました。

そして、気になる部分と言えば
何と言っても、オールマイトの看板でしょう。

●ちゃっかりCMに出ているオールマイトさん
●ちゃっかりCMに出ているオールマイトさん

この看板を見る限り
オールマイトさんはスポーツドリンクや
栄養剤のイメージキャラクターをしているようです。

彼を広告に起用している企業が
看板を出しているのでしょう。

さすが、オリンピックを超えるほど
国民が期待している、スポーツの祭典

かかってる金額も桁違いだぁー

それから、今回は他の科も多数登場します

ヒーロー科1年B組
普通科C組、D組、E組
サポート科F組、G組、H組

そして経営科です

この記述から察するに
全11組、1クラス20名前後ですから
雄英1年生は全員で220名いるということになりますね。

そして選手宣誓は1-A
爆豪勝己君

緑谷君は
「え~~
かっちゃんなの!?」

と不服そうな表情を浮かべます。

●勝己君が選手宣誓をするのがきにくわない緑谷君
●勝己君が選手宣誓をするのがきにくわない緑谷君

もちろんこれは
勝己君に選手宣誓をやらせたら、何を言われるかわからない

余計な事を言われたら、1年A組の印象が悪くなる
だから、轟君あたりがやったほうがいいんじゃない?という
緑谷君の意思だとは思います

スポンサーリンク

まさか、自分が選手宣誓じゃないから
なんでー という事じゃないですよね?
もしそうだとしたら、緑谷君かなり自信家になっちゃいますね。

案の定、不遜な態度の爆豪君
全校生徒を敵に回しました。

勝己
「上にあがれば関係ねぇ」んだよ

それでは早速、体育祭スタート!!
第一種目は障害物競走です

そして、気になる点なんですが
スタートゲートがせますぎる!!

●あきらかにせますぎるスタートゲート
●あきらかにせますぎるスタートゲート

スタート地点がもう 最初のふるい
とか言っていましたが

これって、ただ単に前からスタートした生徒が有利ってことですよね?
ふるいもなにも、開始位置で

圧倒的な差がつくだけだー

もちろん、個性で壁抜けが出来るような生徒がいれば
別ですが、これじゃあただの理不尽な運ゲーです

相澤先生が言っていた
生徒に苦難を与えるっていうのは

障害物競走スタートのポジショニングの事
だったのでしょうか?

そして、普通科の彼
スタートからなんかすごい事になってます。

●ヒーロー科に落ちたから普通科に来た人
●ヒーロー科に落ちたから普通科に来た人

なんかしたにいる人達が目を見開いて
彼を担ぎ上げています。

これって一体どういう状況なの?

彼らは普通科君のお友達?部下?
協力者?それとも個性で操られているのでしょうか?

これがもし個性だったら
ヒーロー科合格有力候補だったと思います。

チョコボーラーの峰田君は
個性で仮想ヴィランを足止めしたり
動きをとめたり、砲弾にチョコボールを詰まらせ

仮想ヴィランを撃破してポイントを稼いでいました。

生徒を操れるなら、協力してポイントを稼ぐこともできますし
仮想ヴィランを動かせるなら、同士討ちさせて
自分がポイントを稼ぐことも出来ます。

ですから、これは彼の個性ではないと判断します。

下にいるうつろな目をした少年達は
は多分、じゃんけんで負けたので、彼を担ぎ上げているか

テレビで取り上げられて目立ちたいだけの
目立ちたがり屋なのではないでしょうか?

●担いでる少年達
●担いでる少年達

普通科っぽい彼ら
「よっしゃー、障害物競走なのに、あえて騎馬戦っぽいことやって
テレビで目立つぜー、俺らはなぁ、予選通過とかどうでもいいんだよ
どうせ通過するのは、ヒーロー科1年A組、B組なんだろぉ?
俺らの目的は悪ノリして、お笑いポイントを稼ぐことだけよお

という感じだったら悲しいと思います。
彼らのうつろな目が

諦めの瞳でないことを願うばかりです。

そして、現在の障害物競走ですが
轟君があいかわらずの氷ゲーをやって無双していました

スポンサーリンク