ヒロアカ、切島君の個性はダブり”他” ネタバレ 感想 第25話

前回のあらすじ
オールマイトは看板の広告で
企業の商品をPR活動していた

普通科っぽい彼らは
障害物競走ではなく、騎馬戦をしていた

■ヒロアカ 25話 切島君の個性はダブり

弟25話は障害物競走の続きからです。

入試の時の仮想敵が大挙し押し寄せてきて
その敵の下敷きになり

切島君と鉄哲君がピンチ?
と思いきや全然無事でした。

切島
個性「硬化」
体がガッチガチに硬化する
最強の矛にも、最強の盾にもなる。

●鉄哲
●鉄哲

個性 「スティール」
体が鋼のようになる!
最強の矛にも、最強の盾にもなる

とのことで、いきなり個性が被ってました。
25話のサブタイトル

“みんな個性的でいいね”だったのに
いきなり個性のダブり

これには切島君も涙を浮かべて

切島
「ただでさえ 地味なのに!!」と呟きながら
爆走します。

しかし、冷静に考えてみると切島君っていままでで
結構目立ってましたよね?

俺達にやられることは考えてなかったのか?
とかいいながらヴィランに先制していましたし

フライパン(仮)とかいう、謎の技も持ってました。

というか髪型も派手ですし
髪色だってわかりやすいです。

彼が地味だというのなら、1年A組の集合画像で
ライダーのヘルメットっぽい物を被っていた子
は一体なんだったのか?という事になります。

スポンサーリンク

■ヒロアカ 25話 サポート科は持込自由

そんなライダーヘルメットの彼ですが
今回、ようやくコマにでてきました。

●ライダーヘルメットの子は瀬呂君です
●ライダーヘルメットの子は瀬呂君です

個性はテープ
肘からセロハンテープ的なものを射出
巻き取って移動したり、切り離してトラップにもできる
能力でした。

そのテープの能力で第一関門の
仮想敵ゾーンを突破する瀬呂君

そして、創造した個性で突き進む
八百万と1年A組の活躍が目立ちます。

そして、続いては第二関門
綱渡りです。

ここで、やっと他の科も目立ってきました
サポート科の理工系女子です。

●理工系女子
●理工系女子

彼女が言うには、公平を期すために
ヒーロー科はアイテムの持ち込みは駄目
サポート科は自身のアイテム+個性が使える様子

※彼女はワイヤーみたいな道具で綱渡りゾーンを
突き進みました。

なるほど、これなら他の科にもワンチャンあるな
と思いましたが

普通科とかどうなるの!?

ヒーロー科⇒入試で強個性を認められた集団
サポート科⇒サポートアイテムが使える
普通科⇒障害物競走で騎馬戦を披露

圧倒的不利ですよね、普通科
そもそも騎馬戦してたら、綱だって渡れないし
全然公平じゃない

“雄英は苦難を与える”がモットーですが
普通科にはめちゃくちゃ厳しいと思います。

●普通科の彼はこの現実が受け入れられない為
目を細めながら、いいなぁ・・・と呟いていました。
●普通科の彼はこの現実が受け入れられない

そんな不公平続きの障害物競走
第二関門、綱渡りですが

トップはあいかわらず、アイスメン轟君

強力な個性と高い身体能力で1位です

移動系の個性じゃないのに、この強さ
飯田君とはなんだったのか、と言いたくなるスピードです。

スポンサーリンク