ヒロアカ、軽率な物間チーム、ちゃっかりの心操チーム ネタバレ 感想 第30話

前回のあらすじ
緑谷君に続いて、八百万ちゃんも
鉄の板を過信している

B組の物間君は頭脳派にみえて
結構、軽率な男だった

■ヒロアカ 弟30話 軽率な物間チーム

白熱する騎馬戦、残り時間はついに1分を切りました。
調子こきまくった物間チームは現在2位
1360Pをキープしています。

物間チームを目の敵にしている爆豪チームは
それが気に食わない為か、執拗に物間チームを
つけねらいました。

物間

「しつこいなぁ
その粘着質は、ヒーロー以前に人として・・・」

とか言い出します。

それ君が言うの?

●自分の事を棚に上げる物間君
●自分の事を棚に上げる物間君

物間君はさんざん爆豪君に粘着して
煽ってきました。正にオマイウ状態です。

だが、粘着質な爆豪君は止まらない
瀬呂君の個性を使う前に、ジャンプして
物間チームに飛び掛ります。

ここで、円場(つぶらば)という
物間チームのガードマンが出張ってきて

空気凝固という
個性を使ってきました。

“空気を固めて、壁や足場に!!
肺活量で大きさが決まる!!

見えない壁なわけですから
これはこれで強個性です。

個性の性能だけを見れば、B組って
A組に全然まけてないほど優秀と言えるでしょう。

スポンサーリンク

だが、こんな空気の壁じゃ
爆豪君は止まりません。

●止まらない爆豪
●止まらない爆豪

空気の壁を粉砕し、逃げようとする
物間君のハチマキを奪いかかります。

それからこのコマ
結構不自然なんですけど、なんで物間君は
後ろを向いているの?

隙だらけじゃん!!

物間
「円場の個性を使っておけば、前向かなくてもいいや
はやく逃げちゃおうぜ」

という事だと思うのですが、ちょっと軽率ですね
現在2位、残り40秒なんだから
もっと気を引き締めるべきだったと思います。

そんな物間君は、あっさりハチマキを2本取られました。
これで爆チームは現在3位

ちゃっかりしている鉄哲チームは
現在2位となっていました。

さらに爆豪君は残りの物間君のハチマキを全て奪い
いけいけ状態になります。

まさか物間君がここで脱落してしまうなんて・・・悲しい
僕は、結構彼の事好きだったので

せめて、ファイナルステージで爆豪君にまけて欲しかった
ここで負けちゃったら、普通にフェードアウトって感じで
今後の出番が望めません。

今後は、うざキャラポジションとして解説に回るしか
彼が生き残る道はないでしょう。

~そして残り時間20秒~

■ヒロアカ 弟30話 ちゃっかり通過した心操チーム

感想でスルーしぎみの
緑谷チームvs轟チームが
最後のハチマキ争奪戦を繰り広げます。

緑谷チームは奮闘しますが
轟チームからハチマキを奪取する事は出来ませんでした。

ここで、TIME UP!となり
順位が発表されました。

1位 轟チーム(緑谷君から1000万ポイントを奪取して余裕の1位)
2位 爆豪チーム(うざキャラ物間君からハチマキを奪い返して2位)
3位 てってつチームかと思いきや心操チームです

なんと、ここで普通科の彼が出張ってきました
騎馬戦では空気of空気だった彼

ちゃっかりとハチマキを首から下げ、余裕の表情です。

●ここでコマに出る心操(しんそう)
●ここでコマに出る心操(しんそう)

心操ってことは、やっぱり彼は操作系能力者
ハンターの旅団でいけば、シャルナークポジだったもよう

障害物競走の騎馬戦の真似事も
弟2ステージの騎馬戦を見越しての行動だったようです。

具体的に彼の操作がどのレベルかは分かりませんが
普通科として唯一の通過者となったであろう

普通科期待の星!!心操君
ファイナルステージでの活躍に期待しましょう。

そして最後の4位は物語の関係上確定しています。
そう緑谷チームです!!

ガッチャマン常闇君が、轟君の隙をつき
1000万ポイント以外のハチマキを奪取していました!!

このBF(ブラックフェザー)、まじで頼りになるぜ
これで弟2ステージ終了

残った4チーム16人の選手により
次週、午後の部がスタートします。

スポンサーリンク