ヒロアカ 緑谷vs心操 “他” ネタバレ 感想 第33話

前回のあらすじ

男らしい尾白君
券藤チームの女子の出番は減った

峰田君は背油を借りなければいけない

■ヒロアカ 第33話 心操vs緑谷

レクリエーションの後始まった
雄英体育祭決勝トーナメント1回戦弟1試合

緑谷vs心操

試合開始と同時に心操君の挑発タイムがスタートします。

心操
「わかるかい緑谷、これは心の強さを問われる戦い
強く想うビジョンがあるなら、なり振りかまってちゃダメなんだ
あの猿はプライドとかいってたけど、チャンスをドブに捨てるなんて
ありえねぇぜ

●物間君ばりに、相手を煽る心操君
●物間君ばりに、相手を煽る心操君

と尾白君と緑谷君をこばかにしてきました。

それにしても心操君
その”猿”に目をつけてチームに引き入れたのに
酷い言いようです。

チャンスなのは分かるんですが、もう少し
元チームメイトに気を使ってもよいのではないでしょうか?

この発言に怒った緑谷君は
“なんてこと言うんだぁー”と叫びながら

心操君に勝負を挑みに掛かるわけなんですが
ここで、何と完全停止です!!

これに関して相澤先生が語ります。

相澤
「だから言ったんだよ、あの入試は合理的じゃねぇって
心操、あいつの個性は強力だが、あの入試内容じゃ
そりゃポイントかせげねぇ」

とのことです。

●心操人使(しんそう ひとし)
●心操人使(しんそう ひとし)

個性「洗脳」
彼の問いかけに答えたものは
洗脳スイッチが入り、彼の言いなりになってしまう

という、超強力な個性でした。

スポンサーリンク

B組の物間君といい、他クラスの個性
まじで強力だわ

問いかけに答える という事は
たわいのない会話

例えば

心操
「なぁ、峰田君、君はお茶子ちゃんと八百万ちゃん
どっちが好みなんだい?」

峰田
「おいらは、八百万が好みだよ、チョコボールで
彼女に引っ付いたのも、彼女と一緒にいたいからさ

とかいう会話でもOKという事です。

本当に彼は普通科の生徒なのか?っていうぐらい凄い能力でしょうこれは
相澤先生が気にかけるのもわかります

そもそも、相澤先生の個性で雄英高校の実技試験を受けたとして
多分うかりませんからね。
心操君に自分とは近い何かを感じたのでしょう。

~そして回想シーンへ~

■ヒロアカ 第33話 尾白君は本当に男らしいのか?

回想では尾白君が緑谷に心操の個性についての
説明をするシーンからスタートしました。

長いので略しますが

尾白
「あいつの問いかけに答えちゃだめだ、俺の分まで頑張れ緑谷
それから、強い衝撃を受ければ洗脳が溶ける可能性もある」

という内容を尾白君が語っていました。

●緑谷を激励する尾白君
●緑谷を激励する尾白君

尾白君・・・、正々堂々とかプライドとか言ってましたが
対戦相手の情報を緑谷君に話しちゃうのはOKなんですかね?

情報を教えられたら、そりゃ緑谷君の方が有利だと思いますよ?
これでは、正々堂々の戦いにはならん!!

尾白君の事だからてっきり

尾白
「緑谷、悪いけれど、あいつの個性について教える事はできない
この雄英体育祭は真剣勝負の場だ

借り物競争では”背油”を持ってこいとかいって、笑いを取りにきたけど
本来はそんな要素は必要ない

2人とも、正々堂々と戦ってほしいんだ」

とか言ってくるかと思ったんですが
当てが外れちゃいましたね。

~そして再び試合へ~

そんな正々堂々なのかよく分からない
二人の試合が再開されました。

完全停止した緑谷君は
心操君の命令で、場外に向かって歩を進めたんですが

ワンフォーオールの受け継がれた意思の力が
なんちゃら とか緑谷君が言い出し

自身の力を暴発させて、何とか洗脳状態を解除しました。

その後、お前の恵まれた個性が!!
俺はこんな個性でも夢を見ているんだ!!とか
熱い10代の主張を繰り広げた後

結局、自力で勝る
緑谷君が勝利を収めました。

~続く~

スポンサーリンク