ワンパンマン 【番外編 感想01】 200円

sponsored link

●サイタマをお誘いする2人組み

ワンパンマン番外編01は
サイタマが中学生の時の物語です

まだ、髪があったころの
サイタマに突っかかってきた
先輩達の活躍を見ていきましょう

■ワンパンマン番外編 感想01

いたいけな3人組新入生にお小遣いを無心する
袖が破れている学ランを着ている、2年生の男達は

ドラゴンボール、フリーザ軍の
バトルスーツの真似事をしていきがっていました

多分、漫画読んだことにより影響を受けたのでしょう。

スラムダンクを読んだことにより
バスケ部に入部したり

テニプリを読んだことにより
テニス部に入部したり
この時期ってそういう年頃だと思います。

●フリーザ軍の真似をする2年生二人組み
※よくみると北斗の拳に影響を受けたのかも
●フリーザ軍の真似をする2年生二人組み

そんな悲しい二人組みの前にあらわれたのは
ヘルメットを被った自転車通学の男子生徒です。

セリフ、見た目、正義感から察するに
この男は、中学1年生の時の無免ライダー!!

無免ライダーと言えば、12、13年後
ヒーロー協会のC級1位になるほどの逸材
その守備力には定評があります。

いくら、相手が2年生とは言え
将来のヒーロー認定試験合格者が
敗れる要素はないと思っていました。

しかし無免ライダー(中学1年時)はこのカマセっぽい連中に
普通に敗北!!。

これはいくらなんでも、ちょっと解せない描写ですね。
いくら無免ライダーが、ヒーローの中では弱めとは言え
もう少しなんとかならなかったんでしょうか?

そんな無免を倒して粋がった
通称”破け学ランず”は後日の放課後
サイタマにも目をつけます。

破け学ランズ

「校舎裏までついて来い
言う事きかねぇとテメーの学ランの繊維がはじけ飛ぶぜ」と

今までに聞いた事も無いような勧誘文句を使ってきました。

●サイタマをお誘いする2人組み
●サイタマをお誘いする2人組み

このお誘いにのっかかったサイタマは反論
俺相手に頭が高ぇんだよ!!と中学生1年生らしく
やんちゃボーイを演じます。

スポンサーリンク

しかし、サイタマも普通に”破け学ランズ”に敗北
学校の帰り道、カレーパンと牛乳を買うための大切な資金
200円を奪われてしまいました。 ※中学生は買い食いがデフォ

無免に続いて、サイタマをも倒すとは・・・
ひょっとして、この学生二人組みって才能だけなら
ヒーロー協会を変えるほどの逸材だったんじゃないでしょうか?

そんな逸材の前に、都合よく怪人が現れました
“怪人・豚の貯金バコン”です。

見た目からして、中に小銭をためこんでそうな
ただの置物、こりゃあお金を無心しまくっている
破け学ランズの餌になるしかねぇ!!

さぁ、そのポテンシャルを見せ付けてくれよ!!と
期待したんですが、あっさり根を上げて
サイタマからドロップした200円を渡してしまいました。

くそぉおお全財産が・・・
弟達の給食費がぁあああっっ 

と、まるで自分は本当はいい人なんだよ
見たいなアピールをしてきました。

●いい人アピールの学ラン先輩
●いい人アピールの学ラン先輩

しかし、騙されてはいけません、いくら給食費が払えない事で
貧窮していたとは言え

無免ライダー、新入生トリオ
サイタマの学ランの袖を破り

学ランの袖を転売していた事実を
消す事はできないはずです。

新しい学生服を買うために、彼らはいったい
いくらの経済援助を親にしなければいけない事か・・・

それを考えたら、弟の給食費
という、ちょっとお涙頂戴の苦学生を演じたところでは
この損失は取り戻せないと思いますよ、僕は

~雪だるま編~

学ラン編が終わり、残り3ページぐらいで
雪だるま編が始まります。

内容は特に何かいうことはなく
サイタマが雪だるまを倒すだけで終わる

取り合えず、もう、3、4ページくらい
何か書いておくかという、サービス精神が生まれた
余り話しでした。

~続く~

スポンサーリンク